おとのほそみち Jazz and More

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】Song for the Sun / 渡辺翔太 + Marty Holoubek (2022)

ソング・フォー・ザ・サン / 渡辺翔太+マーティ・ホロベック

Song for the Sun

Song for the Sun

Amazon

 

ピアノとベースの鬼才二人による、スリリングなデュオ
2018年に初のリーダーアルバム「Awareness」を、続いて2019年2nd「Folky Talkie」をリリースし、シーンでの存在感を一気に高めたマルチキーボード奏者、渡辺翔太。
オーストラリア出身で、2018年からは日本で活動している、ベーシストのマーティ・ホロベック。
2022年にも、自身のトリオで2枚のアルバムをリリースするなど、精力的な活動が目を引く。
二人ともジャズの従来的なジャズの範疇を超えた演奏活動で知られ、アイデアの引き出しがとても多い。
本作では、アコースティック・デュオというシンプルなスタイルによって、そのアイデアの純な部分を互いに引き出し合っているように思える。
展開がそう簡単には読めず、スリリングな局面も多いが、その心地よい緊張感も本作の魅力だろう。

 

1. Changes
2. Kiki Feels Lonely
3. KeiAi (M.Holoubek)
4. 瞬間/Shunkan
5. Song for the Sun
6. Mono
7. Hope
8. Giant Armadillo’s Hide Out
9. B Shouga
10. Speak with courage,An Angel Comes to Your Heart

<了>
このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら