おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

【Live in Japan】Otis Rush 「So Many Roads (Live In Concert)」(1975年録音)

昨年(2018年)の秋、惜しくも他界した、シカゴブルースの凄腕ギタリスト&ヴォーカリスト、オーティス・ラッシュ。

1975年に「第3回ブルース・フェスティバル」出演のために初来日した。

オーティスのほか、ジミー・ダウキンス、ビッグ・ジョー・ウイリアムス、リトル・ブラザー・モンゴメリーも、このフェスに参加している。

 

このツアーの日程がなかなかすごい(会場の名称は当時のもの)。

07.20. 東京・日比谷野外音楽堂
07.21. 札幌・中島公園野外ステージ
07.23. 広島・郵便貯金ホール
07.24. 福岡・電気ホール
07.25. 大阪・厚生年金会館大ホール
07.26. 名古屋市公会堂
07.27. 京都・円山公園野外音楽堂
07.28. 横浜公園野外音楽堂
07.29. 東京・日比谷野外音楽堂

札幌から広島の移動は、さすがに中一日だが、あとは連日のライブ。
関東で計3回、関西で2回やっている。
それだけの人気があったということなのだろう。
いま、ブルースミュージシャンの来日公演をやっても、これほどのツアーは組めないように思う。

 

ライブ盤は、日比谷野外音楽堂の20日、29日の演奏からチョイスしたもののようだ。
ちなみにクレジットのスーパーバイザーの欄に日暮泰文さんの名前がある。

 

LPがリリースされたのは1978年で、わりと期間が空いた。
収録は全8曲で、このときのジャケットはイラストだった。再発時に写真になる。

f:id:bakoji:20190613172306j:plain

A1.Will My Woman Be Home Tonight (Blue Guitar)
A2.Every Day I Have The Blues
A3.I Can't Quit You, Baby
A4.Crosscut Saw
A5.Looking Back (Take A Look Behind)
B1.All Your Love I Miss Loving
B2.So Many Roads
B3.Gambler's Blues
B4.Three Times A Fool

 

メンバーはオーティスのほか3人。

Bass – Sylvester Boines
Drums – Tyrone Centuray
Guitar – Jimmy Johnson

バックの演奏はちょっとゆるいというか、グルーブが弱いが、主役であるオーティスの歌とギターはなかなかのもの。
出来不出来の差が激しい人だと伝えられるが、この日は良かったほうなのだろう。

セットリストの中でユニークなのは「Chitlins Con Carne」だ。

これはジャズギターの名手ケニー・バレルの曲で、かの名盤『Midnight Blue』(1963)の1曲目がこの曲である。

Midnight Blue

Midnight Blue

  • アーティスト: Kenny Burrell,Ray Barretto
  • 出版社/メーカー: Blue Note Records
  • 発売日: 1999/02/04
  • メディア: CD


 

なぜオーティスがこの曲を選んだのかわからないが、のちにスティーヴィー・レイ・ヴォーンなどもカバーしている。
ブルースギタリストの琴線にふれる要素があるのかもしれない。



さて、「So Many Roads (Live In Concert)」はCD化されて、4曲が追加となった。(冒頭のイントロは含めず)

1.Introduction 1.Introduction
2.Will My Woman Be Home Tonight (Blue Guitar)
3.Every Day I Have The Blues
4.I Can't Quit You, Baby
5.Crosscut Saw
6.Looking Back (Take A Look Behind)
7.Chitlins Con Carne
8.I've Got News For You
9.Mean Old World
10.All Your Love (I Miss Loving)
11.So Many Roads
12.Gambler's Blues
13.Three Times A Fool

So Many Roads : Live in Concert

So Many Roads : Live in Concert

  • アーティスト: Otis Rush
  • 出版社/メーカー: DELMARK
  • 発売日: 2002/12/11
  • メディア: CD

 

ブルースファンなら、チェックしておきたい1枚である。

 

<了>