おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】韓国出身の女性コンポーザーによるラージアンサンブル Darling Mind / Jihye Lee Orchestra (2021)

ダーリング・マインド / ジヘイ・リー

Daring Mind

Daring Mind

Amazon

 

韓国出身で世界的に活躍しているジャズミュージシャンは決して多くはないが、その代表とも言えるのが、ジヘイ・リー。

彼女は、母国の伝統音楽とジャズの融合作品をYouTubeで発表して話題になった人で、現在はニューヨークを拠点に活動中。

コンポーザーでありバンドリーダーでもある彼女による、2作目のラージアンサンブル作品が本作だ。

同じ女性のコンポーザー・バンドリーダーである挾間美帆とつい並べたくなるが、女性云々に関係なく、二人とも現代屈指のラージアンサンブルの担い手であることは確か。

本作は、決してストレート・アヘッドなジャズではなく、エレクトロニカや現代音楽やヒップホップなどの要素が各所に織り込まれている。

決してパッショネイトではなく、どちらかといえば静謐でミニマムだが、次の展開が読めないので、聞いていて不思議な揺らぎというか、酩酊感を覚える。

一方でたおやかな包容を感じるのは、生楽器主体のラージアンサンブルだからだろう。

しかし、このジャケット写真、化粧品メーカーの広告ポスターのようだな。

 


1.Relentless Mind 06:18
2.Unshakable Mind 09:57
3.Suji 08:53
4.I Dare You 05:49
5.Revived Mind 06:44
6.Struggle Gives You Strength 05:57
7.Why Is That 05:50
8.Dissatisfied Mind 05:54
9.GB 09:24

<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら