おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

還暦過ぎてもカッケー!ブライアン・セッツァーの新作 Gotta Have the Rumble / Brian Setzer

 

ガッタ・ハヴ・ザ・ランブル [CD]

ガッタ・ハヴ・ザ・ランブル [CD]

Amazon

1959年生まれだから、今年で62歳。

ストレイ・キャッツのフロントマンとしてデビューしたのが1981年だから、キャリア40年。

脇見もふらずひたすらロカビリーひと筋というのが、とてつもなくカッコいい。

ここ数年は耳の不調に悩まされているそうで、それがどう克服されたのか確認できていないのだが、ここにソロアルバムがリリースされたのだから、何をおいても喜ばしい。

2014年の『ロカビリー・ライオット』以来7年ぶりで、プロデュースはチープ・トリックを手掛けているジュリアン・レイモンド。

セッツァーの生まれ故郷でもあるミネアポリスと、ナッシュビルでレコーディングされたそうだ。

ジャケットからも分かる通り、基調になっているのは、もちろん疾走感のあるロカビリー。

一方でカントリー調やボサノバぽい曲も配置されていて、緩急があって飽きさせない。

還暦過ぎても若い!

のは確かなのだけれど、やはりキャリアを重ねた分だけの威圧感というか迫力というか、ミドル級のベテランボクサーが繰り出すボディブローのような凄みがあるのも確か。

いつかまた日本で見たい。できれば小さめのハコで。

 


<了>