おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

ボズ・スキャッグス、シャーデー、ワム、TOTOらの名曲をサックスでカヴァー Smooth Operator / Aaron Heick and John Di Martino Romantic Jazz Trio (2021)

 

 

アーロン・ハイクは、1961年シアトル生まれ、現在ニューヨーク在住のサックスプレイヤー。

自身のリーダー作は数少ないが、ポピュラーやロックアーチストへの数多くの客演で知られる。

チャカ・カーン、バーブラ・ストライサンド、ポール・サイモン、アレサ・フランクリン、フランク・シナトラ、ブルース・スプリングスティーン、エルトン・ジョン、カーリー・サイモン.....と上げていけばきりがない。

そんな彼の2021年のリーダー作は、ポップスの名曲集のカヴァー集。

2009年に同じコンセプトのアルバムを出しているので、これが第二弾ということなる。

今回取りあげているのは、ボズ・スキャッグス、シカゴ、ボビー・コールドウェル、シャーデーなどAORの名曲たちで、有無を言わせぬコテコテの選曲(笑

メロディの優れた曲ばかりだし、アーロンの奏でる音はハートウォームで耳馴染みがよく、聴いていてたいへん心地良い。

リズム隊は、ピアニストであるジョン・ディ・マルティーノが率いるロマンティック・ジャズ・トリオで、この人もビートルズのカヴァーなどをリリースしている。
リリカルで品のある音を奏でる人だ。

アルバム全体の印象としては、ムードミュージック的ではあるけれど、それでもソロになるとジャズテイストがぐっと前に出てきて、耳を奪われる瞬間がたびたびある。

優しく流麗なサックスが聞きたいなー、というときに格好の一枚。

 

【収録曲】

1.スムース・オペレーター
2.ケアレス・ウィスパー
3.風のシルエット
4.ルック・オブ・ラブ
5.フラジャイル
6.素直になれなくて
7.ヒム
8.シモン
9.君に想いを

 


<了>