おとのほそみち Jazz and Good Music

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】A Path Appears / 横山和明、佐瀬悠輔、馬場孝喜、米木康志 (2022)

 

A Path Appears

A Path Appears

  • WONDER AND SERENITY RECORDS
Amazon

 

ゆったりと語り合うようなコク深いアンサンブル

横山和明のドラム、佐瀬悠輔のトランペット、馬場孝喜のギター、米木康志のベースという、世代の異なる4人でのカルテット。

このメンバーでは初の録音で、配信限定でのリリースとのこと。

NHKの「JAZZ TONIGHT」で紹介されていて知ったのだが、これがなかなか聴き応えがあった

ミッシェル・ペトルチアーニ、ミルトン・ナシメント、チャーリー・ヘイデン、ホレス・シルバー、カーラ・ブレイらの曲を採り上げていて、いずれも滋味深い佳曲。

配信元のインフォによれば、
「下北沢のジャズバーno room for squaresを貸し切り、それぞれの楽器にマイクを一本ずつ。モニターは使わず、かつての名盤のように録音された」
とのこと。

なるほど、どこかアットホームで自然体な印象があるのはそのせいか。

アンサンブルは、丁々発止の演奏で火花を散らす、という感じではなく、ゆったりと語り合うような印象。

音数が少なめで、適度な間があるのが、心地よい。

個人的にはホレス・シルバー「Peace」に耳を奪われた。

オリジナルはトランペットが高らかにメロディを歌い上げる名曲。
このカルテットにも腕利きのペットがいるにもかかわらず、ギターとベースのデュオでやってしまう。

これが絶品。

Spotifyなどで聞けるので、ぜひチェックを。

1. Rachid / Michel Petrucciani
2. Sing Me Softly of the Blues / Carla Bley
3. Vera Cruz / Milton Nascimento
4. Nightfall / Charlie Haden
5. #2 / Yusuke Sase
6. Peace / Horace Silver
7. 練馬〜新宿〜宇宙 / Takayoshi Baba

<了>

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら