おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

『The Four』から登場した注目の新人エヴィ・マッキニー(Evvie McKinney)

アメリカで1月から放送が始まった『The Four: Battle for Stardom』。
「ザ・フォー」と呼ばれる4人が勝ち残れる歌バトル番組。同時にオーディション番組でもあり、リアリティ番組でもある。

f:id:bakoji:20181117184230j:plain

素人の登竜門というよりは、デビューして間もない新人、あるいは未だ日の目を見ない歌手にブレイクのきっかけを与えることを軸にしているようだ。
挑戦者たちの歌を4人の審査員がジャッジして、合格したものだけが「ザ・フォー」への挑戦権を得る。そして挑戦者は前回までの「ザ・フォー」と1対1で勝負し、これを観た観客の投票で新たな「ザ・フォー」の4名が決定する。

つまり入れ替え戦が毎週行われ、これにサバイバルしないと優勝できない。一発勝負ではないから、かなりの実力とタフネスが必要になるというわけだ。そして優勝者にはメジャー大手のRepublic Recordsとの契約、デビューが約束される。

審査員の顔ぶれが興味深い。
ヒップホップの重鎮、パフ・ダディ(Puff Daddy)ことショーン・コムズ(Sean Combs)、今やトップDJといっていいDJキャレド(DJ Khaled)、2014年にブレイクした女性歌手のメーガン・トレイナー(Meghan Trainor)らだ。

そのシーズン1で見事優勝を果たしたのがエヴィ・マッキニー(Evvie McKinney)。
パフ・ダディ自らエグゼクティヴ・プロデュースを務めるなど、たいそう推したようで、8月初頭にデビュー作品がリリースされた。

www.youtube.com

www.youtube.com

立ち居振る舞いも歌いっぷりも堂々としてるが、まだハタチだ。伸びしろは十分にありそう。
このエヴィがどこまでブレイクするか、この番組から次にどんな才能が登場するのか楽しみだ。

しかしどうして日本にはこうしたオーディション番組がないのだろうか?

 

#この項おわり