おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

山下達郎サンデーソングブック 7月14日「ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ」特集

 

サンデー・ソングブック27年の番組史上初めてピンチヒッターの登場となった。

通常回とは違うので、達郎氏の前口上とプレイリストを掲載しておく。

 -----------------------------------------------------------------------------------------

私、山下達郎、6月よりツアーをスタートいたしまして、おかげさまで声のコンディションはこの10年で最良でありまして、今年はいいライブができるな、と思ったのも束の間。
「好事魔多し」
風邪をひいてしまいました。
医者に行ったところ、気管支炎と診断されました。
長いライブ生活のなかで、こういうことは今までに何度かありましたけれど、たいていの場合、何本かライブをやっていくうちに、だんだん回復してくるものだったのですが...
今回は、悪いことに症状がなかなか改善しません。
私は現役生活44年の間、風邪でライブを中止したことは今まで一度もありませんでした。
しかし、さすがに最近は回復力が落ちてきているようです。
そんなわけで、ベストコンディションの体調を回復するために、一定程度の休養が必要と判断しまして、たいへん心苦しく、残念ではありましたけれども、一昨日、昨日、12日、13日の中野サンプラザ公演を中止させていただくことになりました。
楽しみにしておられた皆さん、誠に申し訳ございません。
心よりお詫び申し上げます。
今日の番組は、いつものように前倒しで収録しておりますので、収録の段階では、この2公演についての今後の方針は決まっておりませんが、放送されている本日の時点ではホームページ等で告知させて頂いている予定です。
よろしくお願い申し上げます。

番組の方も、東京に戻れないなど諸事情も重なりまして、先週は前もって録音済みの、いわゆる雨傘プログラム「日曜日で棚からひとつかみ」をお届けしました。
今週も、そんなわけで声の調子が万全でありませんので、サンデーソングブック27年の番組史上初めて、ピンチヒッターをお願いすることにしました。
お手伝いいただくのは、サンソンのリスナーのみなさんにはお馴染みの宮治淳一さんです。

宮治さんは、ワーナーミュージックジャパン、ストラテジック部門のプロデューサーであり、特にエレキインストの大家としてその名をとどろかし、ご自身もラジオニッポンでオールディーズ番組のレギュラーをお持ちの、私の長年の友人です。
数年前より、ワーナーミュージックジャパンから大挙リリースされておりますナゲッツ・シリーズ。
ガールグループ・ナゲッツ、ソフトロック・ナゲッツ、サーフィン・ホットロッド・ナゲッツ
そして私との共同作業の昨年のドゥ・ワップ・ナゲッツ
これら全ての企画、選曲、制作をされている方です。

で、本日は昨年秋にリリースされましたワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツVol.5から7までと、今年春にリリースされましたVol.8から10までの6作品の中から、制作を担当された宮治プロデューサーに自らの解説によりお楽しみいただきます。
サンソンのリスナーの皆さまには、きっと喜んでいただけると思います。
それでは、宮治さん、よろしくお願いいたします。

1. MUSIC BOOK / 山下達郎 (音源なし)
2. NICE FOLKS / THE FIFTH AVENUE BAND
3. HEY EVERYBODY / RAMONA KING
4. THAT'S HOW (IT'S GONNA STAY) / THE MOCKINGBIRDS
5. (WHAT'S SO FUNNY 'BOUT)PEACE,LOVE AND UNDERSTANDING / BRINSLEY SCHWARZ
6. GO OUT WALKING / THE SOUL SURVIVORS
7. LUCKY LADYBUG / THE 4 SEASONS
8. MASHY / THE ROUTERS
9. THAT IS ROCK & ROLL / THE COASTERS
10. YOU TALK TOO MUCH / JOE JONES
11. パレード / 山下達郎(音源なし)










 









※貼り付けている音源は必ずしもオンエアされたものと同じではありません。

 

<了>