おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

Uriah Heep「Live In Kawasaki Japan 2010」

 

ユーライア・ヒープビルボードライブに初登場となる来日公演を2019年3月に行う。
2010年と2016年にも来日しているので、さほど長いインターバルではないのだが2010年の前は1991年だから、なんと19年も空いていたのだ。

久しぶりだからというわけではないだろうが、このとき川崎のクラブ・チッタで行われた公演の模様がライブアルバムOfficial Bootleg 3: Live in Kawasaki Japan 2010」としてリリースされている。

Official Bootleg 3: Live in Kawasaki Japan 2010

Official Bootleg 3: Live in Kawasaki Japan 2010

  • アーティスト: Uriah Heep
  • 出版社/メーカー: Rocket Science
  • 発売日: 2011/08/02
  • メディア: CD

Official Bootlegと銘打っているが、たいへん音は良い。
いささか音がキレイ過ぎ、ヘビメタなんだからもうちょっとラウドな方が迫力があるのでは.....という気もするが、それは贅沢というもの。
ドラムの音が割と前に出ていて、リズムはタイトで迫力があるし、オルガンの音が非常に肉感的。
たまにちょっと乱れるものの、コーラスワークも良い。

白眉は1972年リリースの名盤「悪魔と魔法使い」の全曲が同じ曲順で再現されていること。これはオールドファンにはたまらない。

ちなみに、このOfficial Bootlegシリーズは、2008年から11年にかけて計6枚がリリースされている。

Live At The Rock Of Ages Festival Germany 2008
Live At Sweden Rock Festival 2009
Live In Budapest Hungary 2010
Live In Kawasaki Japan 2010
Live In Brisbane Australia 2011
Live In Athens Greece 2011

いかに彼が精力的にライブを行っているか、よくわかる。
さすがに全部入手するのは予算的に厳しいが、サブスクリプションで聴けるのがありがたい。

今回の来日公演のあとも、4月にはオランダでフェス出演。5月にはジューダス・プリーストアメリカで公演を行う予定だ。

#この項おわり