おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

R&Bシンガー/ラッパーのTinkがHitmakaと組んだ新作が良い 『Heat Of The Moment / Tink』

 

Heat Of The Moment

Heat Of The Moment

  • Winter's Diary / WD Records / EMPIRE
Amazon

 

1995年生まれ、シカゴ出身のR&Bシンガー/ラッパーのTink。

アルバムジャケットでは姿かたちがわからないけれど、カッケー女性です。

f:id:bakoji:20210802123644j:plain

 

その活動が、2014年、大物プロデューサーのTimbaland(ティンバランド)の目に留まり、彼のレーベルMosleyと契約。

しかし何故かアルバムは全くリリースされず。

彼女は2017年にMosleyを離れることを決め、そして2018年、6曲入り『Pain & Pleasure EP』をリリース。

そして2019年に『Voicemails』、2020年に『Hopeless Romantic』とコンスタントにアルバムを発表。

そして今年も新作『Heat Of The Moment』が登場。

日本では、このアルバムがという以前に、この人自体があまり話題にもなっていない感じだけど、なかなか良いのでご紹介。

ゲストには、Jeremih(ジェレマイ)、Kodak Black(コダック・ブラック)、Davido(ダヴィド)などが参加。

エグゼクティブプロデューサーはHitmaka(ヒットメイカ)。

Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)、Chris Brown(クリス・ブラウン)、Ty Dolla $ign(タイ・ダラー・サイン)、Wiz Khalifa(ウィズ・カリファ)などの多くの作品を手掛けてきた辣腕です。


『Heat Of The Moment』は、抑制が効いたサウンドデザインながらもエモーショナル。

まさにイマドキ感満載のクールな楽曲が並ぶが、Hitmakaだからして、1970年代80年代R&Bへのオマージュとおぼしきフレーズもあちこちに。

まずはリードトラックだけでも聞いてみて。

 


<了>