おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】名手クリス・ポッターとビッグバンドの共演 Rituals / Jim McNeely、Frankfurt Radio Big Band、featuring Chris Potter (2022)

リチュアルズ / ジム・マクニーリー、フランクフルト・ラジオ・ビッグバンド、クリス・ポッター

名手クリス・ポッターと独特編成のフランクフルト・ラジオ・ビッグバンドの共演。

ストラヴィンスキー「春の祭典」にインスピレーションを受け実験精神に満ちた曲を演奏。

ストラヴィンスキーの「春の祭典」は、20世紀を代表するクラシック音楽作品として知られている。

この作品へのオマージュとして、フランクフルト・ラジオ・ビッグバンドとアメリカのテナーサックス奏者クリス・ポッターが共演したのが、本作。

元々はストラヴィンスキー・フェスティバルで上演するために、「春の祭典」へのオマージュとして新たに作曲された「Rituals」。

この演奏は大成功を収め、クリス・ポッターとフランクフルト・ラジオ・ビッグバンドは、その全貌をもう一度スタジオで録音することにしたのだ。

ストラヴィンスキーの精神を受け継いだマクニーリーのコンポジション。

複雑なリズムと調和のとれたスコアなど、明らかに「春の祭典」のサウンド・ランゲージにインスパイアされていることがわかる一方、マクニーリーはビッグバンドの標準的なラインナップを拡張し、フレンチホルン、ハープ、パーカッションを加え、更に「再生」という原曲には存在しない楽章を追加で作曲するなど、原曲の解釈・アレンジの域を越え大胆にも作曲の領域に踏み込んだ。

6つのパートからなる「Rituals」と、その後に続くのは、ポッターのカタログから、マクニーリーが大編成のオーケストラ用にリアレンジした4曲。

「Dawn 」と「 Wine Dark Sea 」はアルバム「The Sirens」(ECM 2013)から、「The Wheel」は「Underground」(Sunnyside2006)、「Okinawa」はライブ・アルバム「This Will Be」(Storyville 2001) からの採用。

シュテフェン・ウェーバー、トニー・ラカトス、ハインツ=ディーター・ザウアボーン、アクセル・シュロッサーといったビッグバンドのミュージシャンもまたソリストとして類まれなる演奏を披露。

サックスセットで多くのダブリングを提供でき、木管楽器奏者を有するなど、普通のビッグバンドにはない強みを多く持つフランクフルト・ラジオ・ビッグバンド。

ジム・マクニーリーが要求する音の多彩さという点でも、まさにうってつけのコラボであったと言えよう。

※上記はリリース元の情報

 

1.Rituals - Adoration I
2.Rituals - Adoration Ii
3.Rituals - Adoration Iii
4.Rituals - Sacrifice I
5.Rituals - Sacrifice Ii
6.Rituals - Rebirth
7.Dawn
8.The Wheel
9.Wine Dark Sea
10.Okinawa

<了>

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら