おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

HIGHWAY CALL / RICHARD BETTS (1974) ハイウェイコール / リチャード・ベッツ

f:id:bakoji:20210531224739j:plain

 

リチャード・ベッツという名前を聞いても、ほとんどのロックファン、ポップスファンは「誰、それ?」だろうけど、要するにオールマン・ブラザーズ・バンドのディッキー・ベッツのことだ。

ディッキーが愛称で、このリチャードが本名らしい。

デュエイン・オールマンの亡き後、オールマンをサウンド面で支えたのが彼であることは、当時のアメリカンロックを聞いてた人なら、誰でも知っている。

1973年リリースの名盤『BROTHERS AND SISTERS』は、彼なしでは生まれなかった。

かの「Ramblin Man」や「Jessica」などオールマンの代表曲とされる曲を書いたのも、彼である。

その『BROTHERS AND SISTERS』の翌年、1974年にリリースされたのが、このディッキーの初のソロアルバム『HIGHWAY CALL』。

「Ramblin Man」と同じ路線にある、おおらかでポップなカントリー・ロックに仕上がっている。

全6曲と少ないが、これは14分超えの曲があるから。

こういうときって、オールマンのメンバーがいろいろゲスト参加しそうなものだけど、実際にはキーボードのチャック・リーヴェルのみ。

一人で思うままにやりたかったのかもしれない。

グレッグ・オールマンのソロ『Laid Back』も同時期の1973年だし、それぞれ好きにやろうや、という感じで。

「Ramblin Man」あたりが好きな人にはおすすめ。

1曲目の「Long Time Gone」は、のちにカントリーシンガーのジョン・スターリングがカバーし、彼のアルバムのタイトルにもなっている。

 

 日本盤の帯は「ディッキー」になってるな。その方がわかりやすいっちゃあ、わかりやすいが。生産限定でお安いようです。

 

最近どうしてるのか調べたら、2018年のライヴパフォーマンスを2019年にリリースしている。まだまだ現役のようで、うれしい。

<了>