おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】ミンガスの楽曲に新たな息吹を Myth & Wisdom / Blue Moods (2022)

ミス&ウィズダム / ブルー・ムーズ

Myth & Wisdom

Myth & Wisdom

  • Posi-Tone Records
Amazon

 

この「ブルー・ムーズ」は、グループやユニットの名前ではなく、プロジェクトの名称。

ニューヨーク・ブルックリンを拠点とする《POSI-TONE》レーベルが、モダンジャズの名曲を現代において改めて周知させ、再評価することを目指して立ち上げたプロジェクトだ。

ヴィンテージな印象のジャケットデザインにも、そのコンセプトが表れている。

今作がその第一弾、つまりプロジェクトのローンチ作だ。

最初のセレクトはチャールス・ミンガスと、多くのジャズファンが納得するであろう人選。

ディエゴ・リベラ(ts)、アート・ヒラハラ(p)、ボリス・コゾロフ(b)、ジョー・ストラッサー(ds)、デビッド・キコスキー(p)という、今日のニューヨークジャズシーンの最前線で活躍している腕利きが集まっての録音だ。
ミンガスの曲というと、陰影が深いというか、やや哲学的な印象の曲も多いけれど、ここでの演奏は躍動感、疾走感に溢れていて、現代的であり、また瑞々しくもある。

さて第2弾は、誰なのだろうか...

 


Diego Rivera (ts)
Art Hirahara (p)
Boris Kozlov (b)
Joe Strasser (ds)
David Kikoski (p on 5, 8, 9)

 

1. Better Get It In Your Soul
2. Nostalgia In Times Square
3. Tonight At Noon
4. Duke Ellington’s Sound Of Love
5. Orange Was The Color Of Her Dress, Then Silk Blue
6. Peggy’s Blue Skylight
7. Pussy Cat Dues
8. Pithecanthropus Erectus
9. Portrait
10. Reincarnation Of A Lovebird

 

<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら