おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

ベテラン トランぺッター ハーブ・アルパートの「Wonderful World」が沁みる

 

ニール・パート

アンディ・ギル

ケニー・ロジャース

ビル・ウィザース

マッコイ・タイナー

リトル・リチャード.....


レジェンド・アーチストの方々の相次ぐ訃報は、本当に悲しく心が痛む。

コロナの感染が収束すれば、再びステージに立つ姿が見られるかも、と期待していただけに、なおのこと残念だ。


一方で、ご高齢でありながらも、ばりばりと活躍されている方を見るとうれしく、元気をもらえる気分になる。


その一人がこのハーブ・アルパートだ。

かのA&Mレコードの創設者の一人にして、アメリカで最も著名なトランぺット奏者。

グラミー賞を9回受賞し、世界で7200万枚のアルバム・セールスを記録するなど、数々の偉大な業績を残している音楽界の巨人だ。


1935年生まれだから、御年85歳。

その彼の最新作が2019年9月にリリースされた『OVER THE RAINBOW』だ。


いわゆる著名なポピュラーミュージックのカバー集で(1曲のみオリジナル)、タイトルソングは、あの「オズの魔法使い」の劇中歌として有名な「Over The Rainbow」

そのほかにも、
ルイ・アームストロング「What A Wonderful World」
ジョー・コッカー「You Are So Beautiful」
アース・ウインド&ファイアー「Fantasy」
バリー・マニロウ「Copacabana」
など、日本でも広く知られた曲がずらりと並ぶ。

 

なんだかお手軽なインスト集みたいだなぁ、と思う人がいるかもしれない。
しかし、まろやかでコクのある音色は、やはり大ベテランならでは。
有名な曲が多いから、たしかに耳に心地よく聞きやすいが、決して軽くはない。
そこらの、歌のない歌謡曲のようなスムーズジャズとは、一味も二味も違うのだ。

 

主役はもちろんトランペットなのだが、ヴォーカル入りの曲もあり、オーケストレーションのアレンジも素晴らしい。

なかでも白眉はジャズトランペットの巨人、ルイ・アームストロングへのトリビュートである「Wonderful World」

コロナ感染による自粛生活から、徐々に日常を取り戻しつつある今にこそ、ふさわしい曲に感じる。

Over The Rainbow

Over The Rainbow

  • アーティスト:Herb Alpert
  • 発売日: 2019/09/27
  • メディア: CD

 <この項おわり>