おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

西城秀樹さんとギタリスト芳野藤丸さんの絆となった名曲「ハートブレイカー」


50年近く経った今も伝説として語り継がれているロックコンサートがある。

1971年7月17日。
当時アメリカでトップクラスの人気を誇っていたハードロックバンド、グランド・ファンク・レイルロード(以下GFR)の来日公演である。

会場は、1988年に東京ドームが完成するまでジャイアンツのホームグラウンドだった後楽園球場。
当然屋根はないこの会場を、コンサートの最中、暴風雨が襲う。

オープニングアクトの演奏が終わるものの、GFRはなかなか出てこない。
約3万人の観衆はずぶ濡れになりながら登場を待ち続け、約1時間半遅れで開演。
「アー・ユー・レディ」でスタートし、人気曲「ハートブレイカー」をはさんで、アンコールが「インサイド・ルッキング・アウト」。
演奏時間は1時間強と長くはなかったが、暴風雨という想定外の“演出”がコンサートを劇的なものにした。

後日、こんな噂がたった。
感電を恐れたGFRは、実際には楽器を演奏せず、テープを流してクチパクしていたのではないかというのだ。

驚くべきことに、コンサートから約40年後の2010年、このコンサートの「ハートブレイカー」の音源が、なんとYouTubeにアップされた。

カセットでの隠し録りらしく音質は良くないが、演奏と観客の大合唱が生々しく確認できる。GFRが実際に演奏していたことは明らかだ。

 

GFRの伝説のコンサートから数年後、西城秀樹さんが「ハートブレイカー」をカバーする。

いくつかのライブ音源があるが、これは1975年に発売された「ヒデキ・オン・ツアー」のもの。1975年7月20日から8月24日まで開催された、秀樹さんの全国縦断コンサートの模様を収録したアルバムである。

秀樹さんにこの曲を勧めたのは、当時、秀樹さんのバックを努めていたギタリストの芳野藤丸さん。

ロックサウンドを追求しようとしていた秀樹さんが、ロッド・スチュワートのコンサートを観た際、前座のジョー山中バンドで演奏していた藤丸さんのギターに惚れ込み、直接バックで弾いてくれるよう説得した。ファンにはよく知られた話だ。

それから数年間、藤丸さんは秀樹さんにとって音楽面での重要なパートナーになる。
このころの秀樹さんのライブの水準が高いのは、藤丸さんをはじめロックに精通した腕利きのミュージシャンたちがバックを努めていたからだ。

f:id:bakoji:20190215182110j:plain

 

 

2018年9月30日、東京・恵比寿ガーデンホールで、芳野藤丸さんのギタリスト活動45周年、藤丸さんが率いたバンドSHOGUN40周年を記念してのコンサートが行われた。

そのアンコール。藤丸さんが活動45周年記念のステージで最後に演奏したのは、自身の代表作ではなく「ハートブレイカー」だった。

 

このコンサートの前、藤丸さんはインタビューでこう語っている。

>>>>30日のライブでは、後楽園球場や大阪球場で秀樹と一緒に歌っていたグランド・ファンク・レイルロードの「ハートブレイカー」をやります。
“もう一度”の夢はかなわなかったけど、あのころの秀樹を思い浮かべながら<<<<

 

#この項おわり

 

この記事の参考、藤丸さんが秀樹さんを語ったインタビューはこちら 。

コンサートの模様は、こちらの宮島律子さんのブログを参照させていただいた。

 

藤丸さんの自伝にも秀樹さんとの交流が描かれている。

芳野藤丸自伝 Lonely Man In The Bad City

芳野藤丸自伝 Lonely Man In The Bad City

  • 作者: 芳野藤丸
  • 出版社/メーカー: DU BOOKS
  • 発売日: 2017/08/25
  • メディア: 単行本

 

当ブログの秀樹さん関連の記事はこちら。