おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

西城秀樹さんがカバーしたキャロル・ベイヤー・セイガーの曲

 

先日、秀樹さんがカバーしたピーター・アレンの「あなたしか見えない」(Don't Cry Out Loud)に関して、メリサ・マンチェスターを紹介した。


この曲が収められているアルバムのタイトルも同じく「Don't Cry Out Loud」で、リリースは1978年。彼女にとって7作目のアルバムだ。

これがなかなかの名盤で良い曲だらけ。

Don't Cry Out Loud

Don't Cry Out Loud

  • アーティスト: Melissa Manchester
  • 出版社/メーカー: Arista/BMG Heritage
  • 発売日: 2002/05/08
  • メディア: MP3 ダウンロード

バックを固めているミュージシャンも、David T.Walker(g)、Lee Ritenour(g)、Richard Tee(key)、Chuck Rainey(b)、James Gadson(ds)と辣腕ぞろいだ。

 

さて、「あなたしか見えない」の他に、もう一曲、このアルバムの中から秀樹さんがカバーしている曲がある。
これはファンの中にもご存知無い方が多いかもしれない。

「To Make You Smile Again」である。


秀樹さんが1984年8月に日本武道館で開催したコンサート、及び大阪城ホールで開催したコンサートを収めたライブアルバム「JUST RUN'84 HIDEKI」に収録されている。

アルバムの最後、甘くささやくような歌声を聞かせている、あの曲だ。

良い曲だが、地味。一般的な知名度はほとんどない。さきほど「ご存知ない方が」と書いたけれど、それもむしろ当然。
よくこれをラストにもってきたものだ。



加えてメリサのバージョンと秀樹さんのバージョンでは、アレンジが全然違う。
オリジナルはもっとアップテンポなのだ。

この原稿を書くにあたり、改めてこのカバーについてチェックしてみたら、「これ、ほんとに同じ曲?」と書いておられるブログを見かけた。
そう思えるのも当然かもしれない。



スポンサーリンク

 


実はこの曲、メリサ・マンチェスターとキャロル・ベイヤー・セイガーとの共作である。

キャロルの78年のアルバム「...Too」の1曲目に「To Make You Smile Again」が収められていて、ドン・コスタによるアレンジは、とろけるようなスローだ。

秀樹さんが、このキャロル・ベイヤー・セイガーのバージョンを参考にしたことは、まず間違いないだろう。



 

キャロル・ベイヤー・セイガーが80年前後にリリースした3枚のアルバムは、どれも傑作だ。私は何回聞いたかわからない。

私自身

私自身

  • アーティスト: キャロル・ベイヤー・セイガー,メリサ・マンチェスター,ブルース・ロバーツ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/09/21
  • メディア: CD
...TOO <SHM-CD>

...TOO

  • アーティスト: キャロル・ベイヤー・セイガー
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/10/19
  • メディア: CD
真夜中にくちづけ

真夜中にくちづけ

  • アーティスト: キャロル・ベイヤー・セイガー
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2002/05/02
  • メディア: CD

 

しかしアルバムはこの3枚のみ。

曲提供はその後もずっと続けてきたようだが、オフィシャルサイトを見ても2008年、カーリー・サイモンに提供した「So Many People To Love」が最後になっている。

 

何らかのかたちで新曲が聞けたら、と願う。

 

<了>

 

この他の秀樹さん関連の記事はこちら