おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

FM802「OSAKAN HOT 100 2018年間チャート」 sumika、髭男の健闘が目を引く

大阪府のFM局がオンエア回数などを独自に集計した年間チャート。
局の方針として、演歌、歌謡曲、アイドルをオンエアしないので、このチャートにも当然、ジャニーズも、AKBも、坂道もいない。

その分、特に若い世代の音楽的嗜好がはっきり出ているように感じる。地元大阪出身のアーティストが強いとか、局でヘビロテした曲が優位などの傾向はあるものの、米津玄師、星野源、あいみょんと並べば「そういや今年はこの人たちが活躍したなあ」と納得する人が多いのではないか。

Official髭男dism、sumikaらの躍進も目立つ。Mrs.GREEN APPLEも入るかと思ったが、20位以内には届かなかった。

洋楽では、アリアナ・グランデ、ブルーノ・マーズ、エド・シーラン、キアラ・セトルは順当だが、キアラは彼女個人というより「グレーテストショーマン」人気である。

 

1「Lemon」米津玄師

 

2「ドラえもん」星野源


3「マリーゴールド」あいみょん


4「ストロー」aiko


5「Change」ONE OK ROCK


6「ノーダウト」Official髭男dism


7「栞」クリープハイプ


8「フィクション」sumika


9「アイデア」星野源


10「No Tears Left To Cry」Ariana Grande


11「瞬き」back number
12「さよならエレジー」菅田将暉
13「Finesse(Remix)」Bruno Mars feat.Cardi B
14「VOLT-AGE」Suchmos
15「Shape Of You」Ed Sheeran
16「大不正解」back number
17「This Is Me」Keala Settle
18「Play A Love Song」宇多田ヒカル
19「壮年 JUMP」サザンオールスターズ
20「ファンファーレ」sumika

 

#この項おわり