おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

日本のロックでXmas / 桑田佳祐「白い恋人達」

2001年10月にリリースされた、桑田佳祐のソロとしての7枚目のシングル。彼自身が出演したコカ・コーラ「No Reason」キャンペーンソングだった。120万枚以上を売り上げ、彼のシングルとしては最大のヒット曲である。

ジャケットやMVでは桑田がピアノを弾いているが、CDで実際に弾いているのは原由子

歌詞には「クリスマス」という歌詞は出てこないが「聖なる鐘の音が響く頃に」というフレーズからして、クリスマスソングととらえていいだろう。

タイトルの元ネタはフランス映画『白い恋人たち』。知らない人はタイトルから判断して恋愛映画と思うだろうが、1968年にフランスのグルノーブルで行われた第10回冬季オリンピックの記録映画である。原題の「13 Jours en France」とは、「フランスにおける13日間」という、味もそっけもないもの。よくも『白い恋人たち』というロマンティックな邦題をつけたものだが、このタイトルによって日本人に強く印象付けたことは確かだろう。

 #この項おわり