おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

伊藤政則さんが選んだ2021年の5曲 <NHK-FM「ワールドロックナウ」より>

NHK-FM「ワールドロックナウ」2021年12月29日の放送は、年末恒例の特別企画「2021年洋楽シーンを三大音楽評論家が大総括」だった。

いつものMCの渋谷陽一さんに、ゲストで大貫憲章さん、伊藤政則さんが加わってのプログラム。

旧知のお三方だけあって、会話はボケ、ツッコミが飛び交い、聞いていて楽しい。

「三大音楽評論家」というのは、もちろんシャレなのだが、実のところこのお三方よりもベテランの洋楽系の音楽ジャーナリストというと、湯川れい子さんらわずかしかいないのではないか。

私も若い頃からずっと、お三方のレコメンドを参考にしながら、音楽を聞き続けてきた。
いまでも現役バリバリで活躍されているのは、嬉しい限りだ。

番組ではそれぞれが、5曲ずつ、2021年に印象に残った曲を紹介された。

ここではまず“メタルゴッド”こと伊藤政則さんが選んだ5曲を掲載する。

ヴォルビート、グレタ・ヴァン・フリート、ドリームシアター、アイアン・メイデンは、伊藤さんらしい順当なセレクト。

マネスキンはやや意外だったが、2021年に最も注目されたロックの新人、という観点にはうなずける。

渋谷さんも大貫さんも、マネスキンを支持していて、「3人の評価が揃うのは珍しい」と番組中にも話していた。

 

ZITTI E BUONI // MANESKIN


THE DEVIL RAGES ON // VOLBEAT


BROKEN BELLS // GRETA VAN FLEET


THE ALIEN // DREAM THEATER


SENJUTSU // IRON MAIDEN


 

過去の伊藤さんのセレクトはこちら