おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

「ボヘミアン・ラプソディ」このカバーがすごいぞ! その3

本ブログで「ボヘミアン・ラプソディ」のカバーを取り上げるのは、これで3回目。

いやあ、あるわあるわ、どれもアイデア豊富で聴いていて飽きない。

今回はやや異色な(?)なパフォーマンスを集めてみた。

 

オハイオ大学のマーチング・バンド。エネルギッシュで迫力満点。



ジョージア、といってもアメリカのジョージア州ではなく、コーカサスカフカス)地域の国ジョージアの子どもたちによる合唱。けっこう、うるっとくる。

 

英国バッキンガム宮殿の衛兵交代式での軍楽隊による演奏。映画「ボヘミアン・ラプソディゴールデングローブ賞受賞を記念してのパフォーマンスとか。粋ですねえ。



イタリアのアコースティックギター・カルテット「40 Fingers」によるアンサンブル。あきれるくらい上手い。



米国フロリダの鍵盤ハーモニカ・デュオ「Melodica Men」。おふざけ感が強いが、二人ともプロの音楽家。もちろんハーモニカが本業ではない。

 

#この項目おわり

 

ボヘミアン・ラプソディ」のカバー その1、その2はこちら