おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

渋谷陽一さんが選んだ2020年の5曲 <NHK-FM「ワールドロックナウ」より>

NHK-FM「ワールドロックナウ」2020年12月27日の放送は、年末恒例の特別企画「2020年洋楽シーンを三大音楽評論家が大総括」だった。
いつものMCの渋谷陽一さんに、ゲストで大貫憲章さん,伊藤政則さんが加わってのプログラム。
旧知のお三方だけあって、会話はフランクでボケ、ツッコミが飛び交い、聞いていて楽しい。
「三大音楽評論家」というのは、もちろんシャレなのだが、実のところこのお三方よりもベテランの洋楽系の音楽ジャーナリストというと、湯川れい子さんくらいしかいないのではないか。
私も若い頃からずっと、お三方のレコメンドを参考にしながら、音楽を聞き続けてきた。
いまでも現役バリバリで活躍されているのは、嬉しい限りだ。
番組ではそれぞれが、5曲ずつ、2020年に印象に残った曲を紹介された。

ここでは渋谷陽一さんが選んだ5曲を掲載する。
この番組のリスナーならご存知の通り「ワールドロックナウ」と銘打っていながら、番組でオンエアされるのは、むしろロック以外の曲の方が多い。
渋谷さんの選曲の基準は、表現としての斬新さや先進性と、ポップミュージックとしての大衆性を兼ね備えた作品、ということだろうと思う。それが今はロック中心ではなくなっているということだ。
その目利き力において、渋谷さんという人はやはりたいへん優れている。
渋谷さんは今年70歳になるはずだが、私が70歳になったときにも、渋谷さんのような感性と審美眼を持っていたいものだと思う。

 

HELL ON WHEELS // THE LEMON TWIGS


Hell on Wheels


I WANT YOU TO LOVE ME // FIONA APPLE


Fiona Apple - I Want You To Love Me (Official Audio)


THEN BECAUSE SHE GOES // THE1975


The 1975 - Then Because She Goes


42.26 // CHILDISH GAMBINO


Childish Gambino - 42.26 (Lyrics)


HIT MY LINE // LOGIC


Logic - Hit My Line (Official Audio)


今回の「2020年洋楽シーンを三大音楽評論家が大総括」でオンエアされた曲の中で、女性のソロシンガーはフィオナ・アップルだけだ。

彼女が、8年ぶりにリリースしたアルバム『Fetch the Bolt Cutters』は、一般のファンからも評論家筋からも非常に評価が高い。

 

Fetch the Bolt Cutters

Fetch the Bolt Cutters

  • アーティスト:Apple, Fiona
  • 発売日: 2020/07/17
  • メディア: CD
 

 

英国の公共放送BBCが、世界の音楽誌、ブログ、新聞、放送局など35のメディアが発表した2020年のベスト・アルバムを集計した究極の<ベスト・オブ・2020>リストを公開したが、その1位が『Fetch the Bolt Cutters』だった。

ちなみに
2位 フィービー・ブリジャーズ『Punisher』
3位 テイラー・スウィフト『folklore』
4位 デュア・リパ『Future Nostalgia』

上位を女性陣が占める結果になった。

 

●渋谷陽一さんが選んだ2018年の5曲はこちら

●渋谷陽一さんが選んだ2019年の5曲はこちら

<了>