おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】天が授けたヴェルベット・ヴォイス デビュー! Samara Joy / Samara Joy (2021)

サラマ・ジョイ


ニューヨークのブロンクス出身。

祖父母は有名なゴスペル・グルーブThe Savettesのメンバーで、父親もゴスペル・シンガーという音楽一家に育つ。

10代のうちから数々のコンテストに入賞。

大学在学中の2019年、「サラ・ヴォーン・インターナショナル・ジャズ・ヴォーカル・コンペティション」優勝。

直ちにプロデビューが決まり、21歳にしてソロアルバムをリリースした。

プロデュースはパット・メセニーらを手掛けた大物マット・ピアソン。

バックを固めるのは、ギタートリオで、パスカル・グラッソ(g)、アリ・ローランド(b)、そして名手レジェンドのケニー・ワシントン(ds)!

艶と深みのある声、情感豊かで陰影のある歌いっぷりは、新人としては破格。

伸びしろに期待どころではなく、すでに完成された感がある。

アメリカでは早速ジャズチャートの上位を伺う勢いだ。

日本でもぜひBillboardあたりで聞きたい。

 

 

<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら