おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

ローリン・ヒル(Lauryn Hill)の『The Miseducation』が20数年かけてダイヤモンドディスク認定

f:id:bakoji:20210218221440j:plain

 

ローリン・ヒル(Ms. Lauryn Hill)の来日公演が、2020年12月に予定されていたのだが、新型コロナウィルス感染拡大に伴う入国規制の影響で延期。

そもそもは2020年5月に公演が予定されていたので、これが2回めの延期だ。

改めての振替公演は、2021年9月9日に予定されている。

 

そのローリン・ヒルの唯一のソロアルバム、1998年リリースの『ミスエデュケーション:The Miseducation of Lauryn Hill』が、アメリカレコード協会(RIAA)からダイヤモンド・ディスク(1000万枚)の認定を受けた。

たった3年で800万枚を売り上げ、さらに200万枚加えるのに20年以上かかったわけだが、現在でも売れ続けているのがスゴい。

ソロとしても、メンバーであるフージーズとしても、ここ10年くらい新曲は出していないはず。

それでいて、未だに多くの支持を集めている。

フージーズの一連の作品と、『ミスエデュケーション』の評価がいまもなお高いからだろう。


1000万というのは素晴らしい数字ではあるが、1990年代にリリースされたダイヤモンドディスクは50枚近くもある。

日本で最も有名なのはホイットニー・ヒューストンの『ボディガード』(サントラ)だろうか。
1800万枚のセールスである。

そのほか、アラニス・モリセット、ブリトニー・スピアーズ、バックストリート・ボーイズ、シャニア・トゥエイン、セリーヌ・ディオンなどなど。

彼らの人気はもちろん高かったが、それだけCDが売れた時代でもあったということだ。

 

2000年代になると、ダイヤモンドディスクは14枚に減ってしまう。

そして2010年代には2枚だけである。

どの作品かおわかりだろうか。

そう、アデルの『21』と『25』である。

RIAAも近年のストリーミング時代に対応するため、ストリーミングの回数もカウントに入れるようにしている。

しかし「アルバムからのトラックの1500ストリーミング再生」=CD1枚としてカウント

という基準は、なかなか高い。

加えてリスナーの趣味嗜好も多様化している。

2020年に100万枚(ゴールドディスク)を達成したアルバムは、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)の『folklore』のみ。

もう、ダイヤモンドディスクは現れないかもしれない。

The Miseducation of Lauryn Hill

The Miseducation of Lauryn Hill

  • アーティスト:Lauryn Hill
  • 発売日: 1998/08/27
  • メディア: CD
 

 いま聞いても、いいアルバムです。


The Miseducation Of Lauryn Hill- Intro


Lauryn Hill - Lost Ones


Lauryn Hill - Ex-Factor

 

<了>