おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

山下達郎サンデーソングブック 2020年09月13日「棚からひとつかみ+リクエスト」書き起こし

オンエアされた曲に関する達郎氏のコメントを書き起こしています(一部要約あり)。インフォメーションやリスナーからのメッセージは割愛しています。リンクを張っている音源は、オンエアされた音源とは異なることが多々あります。

----------------------------------------------------------------------------

1. 悲しみのJODY / 山下達郎 "メロディーズ" '83
2. SOULFUL STRUT / YOUNG-HOLT UNLIMITED '63
3. SEPTEMBER RAIN / FRANKIE VALLI "TIMELESS" '67
4. THE STUMBLE / JOHN MAYALL & THE BLUES BREAKERS "A HARD ROAD" '67
5. JUST MY IMAGINATION / THE TEMPTATIONS '71
6. VALERIE / JACKIE & THE STARLITES '60
7. AM I BLUE / DINAH WASHINGTON "TEARS & LAUGHTER" '62
8. コンポジション / 山下達郎 '93

 

さて、私、今週は割と仕事が重なっておりましてですね、いそがしい1週間でございました。
引き続きここ1、2週間はですね、仕事立て込んでおるので、今日はですね、先週に引き続いてリクエスト大会、やろうと思ったんですけども、半分ハガキをうちに忘れてきまして(笑)
急遽、選曲をかえなければならないことになってしまいましたので。
今日は、残暑リクエスト大会Part.2をちょっと変えましてですね『棚からひとつかみ+リクエスト』
この間、あまり自分のレコード棚からアトランダムにかけるというプログラム、やっておりませんで。
今日は、少しだけ棚からひとつかみ、プラス皆様からのリクエスト。
ですので今日は、メールの方が多めになりました。
メールは保存できるので、だいじょうぶだと、そういうアレですが。
そうするとハガキ派の方が「なんだ」と。しょうがない。すいません(笑)

夏の終わりでございますので、この1曲。
もうこの曲も37年になります。
「悲しみのJODY」、1983年のアルバム「MELODIES」の曲でございます。

悲しみのJODY / 山下達郎



 


SOULFUL STRUT / YOUNG-HOLT UNLIMITED

最近リクエストくださる方々は、ほとんどがスウィング・アウト・シスターの92年のヒット曲をお聞きになってます。
(今回のリクエストは)還暦の方なので、ひょっとしたらこっちじゃないか。
ヤング・ホルト・アンリミテッド、これがオリジナルです。
1968年末のヒットソング。全米ソウル・チャート3位、全米チャートも3位。ミリオンセラーです。
エルディック・ヤングとアイザック"レッド" ホルト、ドラムとベースのユニットです。
ラムゼイ・ルイスのバックで、一連の『The in Crowd』、『Wade in the Water』、そのへんのヒットのバックをしていた人たちですが、この人たちがドラムとベースで放ちましたヒットです。
作曲はユージン・レコード。
これを翌1969年のアタマにバーバラ・アクリンが全く同じカラオケで歌を入れまして、これが全米ソウル・チャート23位。
このヴァージョンをスウィング・アウト・シスターがカヴァーして、1992年にヒットしまして、曲が語り継がれています。

 

この季節になりますと、いつもかけたくなるやつ。
4、5年にいっぺん、かけさせて頂きますが、フランキー・ヴァリ。私の大好きな。
1967年のアルバム『Timeless』に収められております「September Rain」
シングル・バージョンと違うんですけれども、シングル・バージョンよりもアルバム・バージョンのほうが、いいです。

SEPTEMBER RAIN / FRANKIE VALLI


フランキー・ヴァリという人は不思議な人で、ソロ・レコードの場合はですね、裏声使わないんですよね。
でフォー・シーズンズになると裏声が出てくる。不思議なアレですけど(笑)。
そういう人なかなか珍しんですけど、まぁ比類なきヴォーカリストですから


7月の末にフリートウッド・マックの創設メンバーでありますピーター・グリーンが亡くなりました。
ギタリスト、ソングライターとしてですね、卓越した才能がありました。
「ブラック・マジック・ウーマン」とかですね、「アルバトロス」という大ヒット曲があります。
ウイルス騒ぎで触れられなかったので、遅ればせながら1曲かけたいと思います。
ピーター・グリーンというギタリストはですね、エリック・クラプトンがジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズを脱退した、そのあとに入ってきた人で。
当然のことながらエリック・クラプトンと比較されまして、一歩間違えれば、酷評というところなんですけれども、このブルースブレイカーズにピーター・グリーンが入りましたアルバムで、たいへん高い評価を受けまして。
あたりまえですけれども、クラプトンよりも勝るとも劣らないテクニックなんですけど、やっぱりパブリック・イメージっていうのがですね、非常に恐ろしいものなので、それを乗り越えてですね、名声を勝ち得まして、フリートウッド・マックにつながっていくという。
ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズの1967年にピーター・グリーンが加入したアルバム『A HARD ROAD』のアルバムから、フレディ・キングのブルースですばらしいギターを聴かせてくれます。

THE STUMBLE / JOHN MAYALL & THE BLUES BREAKERS

ブリティッシュブルースとしては、たいへん有名な演奏です。
エインズレー・ダンバーのドラムス、ジョン・マクヴィーのベース、ジョン・メイオールのキーボード、そしてピーター・グリーンのギター。
ご冥福をお祈りします。
みなさん逝去されますが、音楽は残ります。

スポンサーリンク

 

 


テンブテーションズの「JUST MY IMAGINATION」
1971年、全米ソウル・チャートNO.1、全米チャートもNO.1のミリオンヒット。
この時代はノーマン・ホイットフィルードのプロデュースですが、彼はファンクものだけじゃなくて、こうしたメロウな曲にも手腕を発揮します。
エディ・ケンドリックスのリード・ヴォーカルで、途中でデニス・エドワーズと一瞬絡むところがいい緊張感です。
悲しい悲しい恋の歌。
バレット・ストロングとノーマン・ホイットフィールドのコンビの名曲。

JUST MY IMAGINATION / THE TEMPTATIONS

スポンサーリンク

 

 

 

(リスナーから)「80年代にNHK-FMでやっておられた番組のドゥー・ワップ特集で聴いた記憶があるのですが、リード・ヴォーカルが歌いながらしくしくと泣き出し、次第にどんどん泣きあげ、号泣しながらフェイドアウトする曲をかけたことはありませんか」
ジャッキー&ザ・スターライツの1960年の「VALERIE」(1960年)という曲で、ジャッキー・ルーというリード・シンガーの人です。
お聞きいただければわかりますが、女の子、バレリーに振られて泣きじゃくるという、ドゥー・ワップのヒストリーでは有名な曲です。
いまはSpotifyで聞けるんじゃないか。お調べください・

VALERIE / JACKIE & THE STARLITES


大仰の極地。
もうちょっと涼しくなりましたらドゥー・ワップ特集をやってみたいと思います。久しぶりに。


この番組をはじめた頃は全然なかったんですが、最近は40年代'50年代、60年代初期のジャズとかジャンプ・ブルースへのリクエストがとても多くなりました。
時代なんでしょうかね、やわらかい音楽が好まれるのかもしれません。
ダイナ・ワシントンはジャズの大御所ですが、ゴスペル出身だけあってリズム&ブルース的なのも大変うまいシンガーでしたが、逆にそれが例えば日本のジャズ・ファンには評価が低いという、歴史的なものですけど。

亡くなる直前の1962年のアルバム『TEARS & LAUGHTER』はクインシー・ジョーンズがオーケストレーションをやってますが、ここにデルズが参加していて、特にB面はフィーチャリング曲がたくさんあります。
A面に入ってる「AM I BLUE」という曲もデルズのリードヴォーカルのマーヴィン・ジュニアが掛け合いをしている大変貴重な作品です。
ダイナ・ワシントンは1954年にもこの曲をレコーディングしていますが、『TEARS & LAUGHTER』は62年です。

AM I BLUE / DINAH WASHINGTON

 

今日の最後は、私の2013年のシングルのカップリングでNHKのドラマの主題歌の「コンポジション」

コンポジション / 山下達郎

 

<了>