おとのほそみち Jazz and Good Music

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】フランス人ヴォーカリストとギタリストのコク深いデュオ I'll Be Seeing You / Cyrille Aimee (2021)

アイル・ビー・シーイング・ユー / シリル・エイメー

I'll Be Seeing You

I'll Be Seeing You

  • Daudel Records
Amazon

シリル・エイメーは、1984年生まれのフランス人ジャズ・ヴォーカリスト。

セロニアス・モンク・インターナショナル・ジャズ・コンペティションやサラ・ヴォーン・インターナショナル・ジャズ・ヴォーカル・コンペティションなど、数々のコンペで受賞し、注目を集めてきた。

現在はニューヨークを拠点に活動中。

初のアルバムリリースは2006年で、以来、コンスタントに作品をリリースし続けており、来日経験もある。

ヴォーカリストとしての足腰がたいへんしっかりしている人なので、何でも歌えちゃうのだが、テクニックをひけらかすことなく、気取らず親しみやすく軽やかな歌声を聞かせるのが、彼女の持ち味。

本作は、NY在住のギタリストMichael Valeanuとのデュオで、この人もフランス人。

シリルはギタリストとの相性がいいのか、かつてはブラジル屈指のギタリストDiego Figueiredoとのデュオもリリースしてる。

こうしたシンプルな編成だと、当然、アレンジの幅も限られるし、コンボのようなダイナミズムは出せない。

だからこそ、なおのこと力量が問われるわけで、聞き手は、繊細な歌い回し、弦の微かな響きにも耳を澄ますことになる。

ついでに、この手の作品は、録音がしょぼいと聞いてられないので、エンジニアの腕も大事。

本作は、これらの条件を軽々とクリアした秀作。

「Bye Bye Blackbird」「Softly, as in a Morning Sunrise」など、スタンダード中心のオーセンティックな作品ながら、実に滋味深い。

セルジュ・ゲンスブールの「La Javanaise」を採り上げているのは、フランスの偉大な先人へのオマージュだろう。

 

1 Bye Bye Blackbird
2 You Turned the Tables on Me
3 La Javanaise
4 How Deep Is the Ocean
5 Luiza
6 Softly, as in a Morning Sunrise
7 Me Gustas Cuando Callas
8 I'll Be Seeing You
9 It Could Happen to You
10 Bye Bye Blackbird (Alternate Take)

<了>

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら