おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


日本で売れている洋楽 2022/06/15 クリエイター、マイケル・モンロー

2022年6月15日付のBillboard JAPAN アルバムチャートで洋楽をチェック。

ちょっと驚いた。

 

クリエイター「ヘイト・ユーバー・アレス」が初登場36位。
マイケル・モンロー「アイ・リヴ・トゥー・ファスト・トゥ・ダイ・ヤング!」が同じく46位。

正直言ってチャートに入ってくるとは思ってなかった。ファンの方には悪いけど。

 

ヘイト・ユーバー・アレス

ヘイト・ユーバー・アレス

Amazon

クリエイターはドイツのバンドでジャーマンメタルの代表的グループ。
ジャンルとしてはスラッシュメタルで、日本にも根強いファンはいるが、一般受けするスタイルではない。
後述するが、このアルバムがハリー・スタイルズより上ということに驚く。

 

マイケル・モンローの名前に馴染みがあるのは、中高年のロックファンだろう。

ハノイ・ロックス(HANOI ROCKS)のメンバーとして知られるが、2009年にバンドは活動終了。

マイケル・モンローはソロとして活発に活動している。

今回のアルバムも、いかにもなタイトルだが、ガッツのあるハードロックが中心で、とてもアラ還とは思えない。

 

ちなみに英米でバカ売れしているハリー・スタイルズ「ハリーズ・ハウス」は、初登場で100位以下。
2週目の今週も43位。

なんでこんなに人気がないのか、理解に苦しむ。

 

「トップガン マーヴェリック」のサントラは先週よりさらに順位を一つ上げ、4位になった。

その上にいる3組は、SEVENTEEN、NCT DREAM、BTSで日本人の名はない。

BTSのベストは先週1位で、今週もかと思ったが、SEVENTEENが一気に抜いた。

SEVENTEENはアメリカのBillboardでもベスト10に入っている。

 

<了>