おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

JUJUから届いたJAZZアルバム第3弾『DELICIOUS ~JUJU‘s JAZZ 3rd Dish~』

 

クリスマスアルバムというわけではないのだが、クリスマスシーズンにぴったりの大人のアルバム、JUJUがJAZZを歌う「DELICIOUS」の第3弾がリリースされた。

DELICIOUS~JUJU's JAZZ 3rd Dish~

DELICIOUS~JUJU's JAZZ 3rd Dish~

  • アーティスト: JUJU
  • 出版社/メーカー: SMAR
  • 発売日: 2018/12/05
  • メディア: CD

2011年の1枚目、2015年の2枚目、ともに10万枚という日本のジャズ・ボーカル・アルバムとしては異例のヒットを記録。

情感豊かなバラードシンガーとしてヒットを連発している彼女だが、音楽的ルーツはジャズ。

18歳でジャズシンガーを目指して単身渡米し、サラ・ヴォーンらの影響を受けながらスキルを磨いた。

ウェイン・ショーターのアルバム『JUJU』をアーティストネームの由来にしているのは、ファンにはよく知られた話。

スポンサーリンク

 

 

今作のプロデュースは松尾潔さん。オトナのメロウな歌を知り尽くしたこの人の仕切りでJUJUの歌となれば、悪いわけがない。

スタンダードの鉄板中の鉄板『Fly Me To The Moon』『What A Wonderful World』などをJUJU流にアレンジし、華やかでコクのある歌を聞かせているが、ときおりJUJUならではのヤンチャなお姉ちゃん感が垣間見えるのが楽しい。

中でも聞きものは久保田利伸とデュエットした、スティング作の『Englishman In New York』だ。

スティングはポリスの一員として成功を収めたが、ジャズのベースプレイヤーとして音楽活動をスタートした。従って、初期のソロアルバムはジャズ色が濃い。

『Englishman In New York』は2枚目のソロアルバム『...Nothing Like the Sun』に収録されているが、このアルバムの完成度は非常に高く、かのマイルス・デイヴィスも評価しているほど。

元のクオリティが高いだけにカヴァーは容易ではないが、JUJUは男女のデュエットというやや異色な形で、この曲の新たな魅力を引き出している。

キレイな4ビートだが、ときおりからんでくるピアノがちょっとファンキーで粋。ホーンのアレンジもいい。二人のスキャットのハモりがテンションになるとことか、ゾクッとする。

本家のも貼っておこう。ブランフォード・マルサリスのサックスが素晴らしい。

ナッシング・ライク・ザ・サン(紙ジャケット仕様)

ナッシング・ライク・ザ・サン(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: スティング
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/05/24
  • メディア: CD

 #この項おわり