おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】女性トランペッター&ジャズ・シンガーがビッグバンドとコラボ Colors & Shadows / Andrea Motis (2021)

カラーズ&シャドウズ / アンドレア・モティス

Colors & Shadows

Colors & Shadows

Amazon

 

女性トランペッター&ジャズ・シンガーとして世界から注目されるアンドレア・モティス。ビッグバンドとコラボしたラテン調の一枚が登場。

スペイン、バルセロナ出身。
7歳からトランペットを学び始め、サン・アンドレウ市立音楽学校でジョアン・チャモロに師事し、ジャズを学ぶ。

2012年スペインで行なわれたジャズ祭でクインシー・ジョーンズにステージに挙げられたことがきっかけで注目の存在に。

2017年には世界デビュー作『エモーショナル・ダンス』を発表。シンガーとしてはスペイン語、カタルーニャ語、ポルトガル語をキュートに操り、トランペットを吹けばそのしなやかな調べで聴くものを魅了。
20代半ばにして、すでにスペインのみならず世界のジャズ界のスーパースターとなった。

2021年春、WDRビッグバンドとのコラボレーションが実現した。

アンドレア・モティスがほとんどの曲を提供し、ビッグバンドのリーダー、マイク・モスマンが指揮、全曲のアレンジを担当。

雰囲気のあるラテン系のアルバムに仕上がった。

かのアストラッド・ジルベルトを彷彿とさせるチャーミングな歌声とノリの良いビックバンドのグルーヴが相まって、夢見るような心地よい雰囲気を作り出している。

※上記はリリース元のインフォメーション

 

1.I Didn ?t Tell Them Why 4.55
2.Tabacaria 7.06
3.Senor Blues 9.30
4.Brisa 5.16
5.Sense Pressa 10.13
6.Iracema 4.15
7.Sombra De La 5.13
8.Save The Orangutan 5.54
9.If You Give Them More 4.19
10.Motis Operandi 6.53

<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら