おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

西城秀樹さんが歌う山下達郎さんの「Bomber」

 

こんなカバーがあったとは。

「Bomber」のリリースは1978年の山下達郎のアルバム「GO AHEAD!」でのこと。

大阪のディスコで火が付いた達郎初期の代表作で、今でもセトリによく入っている。

とは言っても、当時はまだ知る人ぞ知るというレベルの曲。
西城さんもよく目をつけたものだ。

スタジオアルバムには収められておらず、ライブアルバム『BIG GAME '80 HIDEKI』に収録された。
1980年7月18日に後楽園球場において開催した、第3回コンサート「BIG GAME '80 HIDEKI」を収めたものだ。

歌も演奏もなかなかレベルが高い。欲を言えばベースにもっと重いグルーブが欲しかったところだ。

しかしこのアルバム、すごい選曲だな。カバーだらけだ。
 
Record-1 SIDE A
 アイズ・オブ・ザ・ワールド
 ロスト・イン・ハリウッド
 アイランド・ナイツ
 オールナイト・ロング
 男が女を愛する時

Record-1 SIDE B
 待ちくたびれて
 ロック・ミュージック
 BOMBER 
 ジュライ・モーニング

Record-2 SIDE A
 ツイスト・ガール
 HIDEKI DISCO SPECIAL
 GOOD-BY BLUE TRAIN 
 俺たちの時代

Record-2 SIDE B
 エンドレス・サマー
 ホップ・ステップ・ジャンプ
 YOUNG MAN (Y.M.C.A.)
 アレイ・キャッツ
 トレビの泉
 セイリング
 

ロッド・スチュワートの「セイリング」は、まあ、わかる。
しかし「アイズ・オブ・ザ・ワールド」「ロスト・イン・ハリウッド」「オールナイト・ロング」はレインボー、「ジュライ・モーニング」はユーライアヒープだ。

ファンの人もよくついてきたものだと思うが、ヒット曲のオンパレでなくともライブを成立させる、それだけのアーチストパワーがあったのだろう。

このライブアルバムはレコードでのみリリースされ、CD化はされていない。

「Bomber」を含むいくつかの音源は、1999年にリリースされた「HIDEKI SUPER LIVE BOX」に収められているが、これも入手困難である。

フィジカルではなくダウンロードでいいので再発願いたいと思う。

 

こちらは達郎氏のライブバージョン。さすがに本家はグルーブが深い。



<この項 おわり>

 

こちらの記事もどうぞ

 #この項おわり