おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】フランス・ジャズヴォーカル界の新星 Peace of Mine / Laura Prince (2021)

ピース・オブ・マイン / ローラ・プリンス

PEACE OF MINE

PEACE OF MINE

Amazon


フランスとアフリカのトーゴをルーツに持つ、フランスのジャズヴォーカル界の新星、ローラ・プリンスの2021年作。

カリブ海マルティニーク出身の実力派ピアニスト、グレゴリー・プリヴァがアレンジと音楽監督を務め、バックは彼ののピアノ・トリオに、キューバ人パーカッショニストのイノール・ソトロンゴ、曲により弦楽四重奏が加わる。

ジャズ、アフロ、カリビアン、ソウルの影響を巧みにミックスし、ポエトリー・リーディングなども交えたジャンルレスな作品。

派手さはないが、シルキーで陰影の深い歌声は、なかなかに魅惑的だ。

 


Laura Prince – vocal
Grégory Privat – piano
Tilo Bertholo – batterie
Zacharie Abraham – batterie
Inor Sotolongo – percussions

1 Flying Until
2 Save Me
3 In Your Eyes
4 Musical Inspiration
5 Scared of Dark
6 High in Love
7 Amazonia
8 Peace of Mine
9 So Unconditional

<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら