おとのほそみち Jazz and More

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】Like Minds / Alan Broadbent Trio (2022)

ライク・マインズ / アラン・ブロードベント

端正でエレガント、ピアノトリオの王道を行く作品
    
ニュージーランド出身のピアニスト、アラン・ブロードベントは1947年生まれのベテラン。

作編曲家としても高い評価を得ており、現在はニューヨークを拠点に活動中だ。

本作のジャケットには、本人含め、ひとクセありそうなオヤジが3人。

かねて共演を重ねてきたドラマーのビリー・ミンツ、ベーシストのハービー Sを伴って、ピアノトリオの王道ともいうべき演奏を聴かせている。

収録曲はブロードベントのオリジナル1曲のほか、ハンク・モブレイの “This I Dig of You”、ソニー・ロリンズの“Airegin”、バド・パウエルの“Blue Pearl”、チャーリー・パーカーの“ Yardbird Suite”など、ジャズの巨人たちの作品がずらり。

この人の演奏には、ブルージーさやアクの強さはあまりなく、タッチは端正でエレガント。
フレージングの緩急が巧みで、ソロもメロディアスなので、聞いていて心地よい。

聴き手をあまり選ばない間口の広い作品とあってか、JAZZ WEEKではベスト10に入っている。
 

Alan Broadbent (p)
Harvie S (b)
Billy Mintz (ds)

1 This I Dig of You
2 Prelude to Peace
3 With the Wind and the Rain in Your Hair
4 Dance Only with Me
5 Airegin
6 Stairway to the Stars
7 Blue Pearl
8 This Is New
9 Yardbird Suite

<了>

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら