おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

オーストラリア出身の超絶プログレメタルギタリストPliniのセカンド「Impulse Voices」

Pliniはオーストラリア・シドニー出身のギタリスト・作曲家。

2016年のアルバム「Handmade Cities」で注目を集め、かのスティーブ・ヴァイから「卓越したギタープレイの未来」と絶賛されたらしい。

そんな彼のフルレングスのセカンド・アルバム「Impulse Voices」が2020年11月にリリースされた。

日本語のインフォはほとんどないに等しいが、こういうハードでありながら叙情感のあるギター・インストって、日本にも好きな人はけっこういると思う。

リズム隊がものすごく強力で、キャリアのあるロックファンなら、ラッシュやドリームシアターを思い起こすだろう。

そのヘビーなリズムの上を、Pliniは縦横無尽に駆け巡る。

ただただグイグイ攻めてくる感じではなく、ちょっとオリエンタルな感じのものや、ドリーミーな曲もあって、バリエは豊か。

主役はもちろんギターなのだが、サックスやピアノのソロもなかなかいい。

音をぎゅぎゅうに詰め込んだ感じではなく、適度に距離感があるのも、個人的には好みだ。

まだ30歳前と若いので、これからも大いに期待できるギタリストである。

 

この一曲だけで、彼の力量がわかるだろう。


Plini – "PAPELILLO"

 

本人の公式チャンネルにフルで上がっている。


Plini – "IMPULSE VOICES" (Full Album)

Impulse Voices

Impulse Voices

  • 発売日: 2020/11/27
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

1 I'll Tell You Someday
2 Papelillo
3 Perfume
4 Last Call
5 Impulse Voices
6 Pan
7 Ona / 1154
8 The Glass Bead Game

--------------------------------------------------------------------

Chris Allison – drums, percussion & tracklisting
Simon Grove – bass & stunt guitar
Dave Mackay – piano & synthesizer on “Papelillo”, “Perfume”, “Last Call” and “Ona / 1154”
Devesh Dayal & Aleksandra Djelmash – voices & additional production on “I’ll Tell You Someday”, “Pan” and “The Glass Bead Game”
John Waugh – saxophone on “Pan”
Amy Turk – harp solo on “The Glass Bead Game”
Plini – everything else

Composed, arranged & produced by Plini
Engineered, mixed & co-produced by Simon Grove
Additional drum editing by Mike Malyan
Mastered by Ermin Hamidovic

 

 <了>