おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

スティーヴィー・ニックスのライブ盤が良い『Live in Concert:The 24 Karat Gold Tour』

f:id:bakoji:20201102200448j:plain

「永遠の妖精」とも称されるフリートウッド・マックのスティーヴィー・ニックス(Stevie Nicks)が、10月30日にライブアルバム『Live in Concert:The 24 Karat Gold Tour』をリリースした。

彼女は2014年にソロ・コンピ・アルバム『24 Karat Gold』をリリースし、2016年~2017年にこのアルバムのサポート・ツアーを行なった。

このツアーから、2017年3月インディアナポリスとピッツバーグで行われた公演の模様を収めたのが、今回のライブ盤である。

 

内容は彼女のオールタイムベストとも言えるものだ。

「Rhiannon」や「Stop Draggin' My Heart Around」「Edge of Seventeen」「Stand Back」といったソロの代表曲に加え、
「Landslide」や「Gypsy」といったフリートウッド・マックの楽曲もあり。
そして、バッキンガム・ニックス名義で1973年に発表した「Crying In The Night」など、ちょっとレアなナンバーも含んでいる。

 

キュートなルックスとドスの効いた歌声が、彼女の魅力なわけだが、期待に違わぬ見事な歌いっぷり。

ツアー当時は60代の後半だが、その年令にふさわしく深みも増している。
包容力があるというか、どこか癒やされるのだ。


Gypsy (Live)

バンドメンバーも手堅くて、
ギターと音楽監督がワディ・ワクテル(Waddy Wachtel)と知れば、食指をそそられるアメリカンロックファンも多いのではないだろうか。


このツアーに関して、スティーヴィー・ニックスはこうコメントしている。(リリース元のインフォより)
「”The 24 Karat Gold Tour""は、今までのツアーの中でも間違いなくお気に入りのツアーとなったわ。私の曲を歌うだけじゃなくて、初めてその曲にまつわる物語を皆に伝えることができた。こうやってファンのみんなと、このコンサートの模様を共有できるようになって、本当に胸が躍るよう。私からあなたへ、純金を贈ります」


彼女はいま72歳。無理をしない範囲で、これからも頑張ってほしいものである。

 

Live In Concert: The 24 Karat Gold Tour

Live In Concert: The 24 Karat Gold Tour

  • 発売日: 2020/10/30
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

01. Stand Back
02. Crying In The Night
03. If You Were My Love
04. Gold Dust Woman
05. Edge Of Seventeen
06. Rhiannon
07. Landslide
08. Gold And Braid
09. If Anyone Falls
10. Stop Draggin’ My Heart Around
11. Belle Fleur
12. Gypsy
13. Wild Heart / Bella Donna
14. Enchanted
15. New Orleans
16. Starshine
17. Moonlight(A Vampire's Dream)

 

こちらはライブ映像。


Stevie Nicks - Gypsy (Stevie Nicks 24 Karat Gold The Concert) | In Cinemas October 21 & 25

<了>