おとのほそみち Jazz and More

行きかふ歌も又旅人也


山下達郎サンデーソングブック 2021年11月21日『スイート・ソウルで棚からひとつかみ』

達郎氏による曲の解説部分を要約して記載しています(青字部分は書き起こし)。ネットに楽曲データがあるものは張り付けていますが、オンエアされた音源とは異なる場合が多々あります。

f:id:bakoji:20220308114040j:plain

 

1. 世界の果てまで (LIVE) / 山下達郎 "14/10/10 名古屋ボトムライン"
2. DAY BY DAY (EVERYTIME OF THE HOUR) / THE CONTINENTAL IV 
3. I WASN'T THERE / WHATNAUTS
4. WHEN THE HURT IS PUT BACK ON YOU / THE DIFFERENT SHADES OF BROWN 
5. YOU'RE MY LATEST, MY GREATEST INSPIRATION / TEDDY PENDERGRASS
6. I CAN MAKE YOUR DREAMS COME TRUE / CHOSEN FEW
7. I'M GONNA GET YOU / THE GASLIGHT 
8. 群青の炎 / 山下達郎 


番組の方は久しぶりにですね、スイートソウルでプログラムをやってみようと思っております。
80年代から、スイートソウルものを番組でかけてまいりました。
70年代初頭から80年代ぐらいまでですね。
いわゆるR&Bグループ、黒人ボーカル・グループ。
すばらしい曲がたくさんありまして。
なかでも、そうした裏声で歌われるバラードをスイートソウルという呼び方をしますので。
向こうではクワイエット・ストームなんて言い方もしますけども。

そういった、いわゆる「甘いやつ」
日曜日の午後ですと、甘すぎるという感じもありますけども。
今は便利な時代でございまして、ラジコのタイムフリーで夜中にお聴きいただきますと、また一段と、お楽しみいただけるかと思います。

というわけで、今日は久しぶりに『スイートソウルで棚からひとつかみ』
ここんとこ久しぶりでありますので、サンデーソングブックらしく、めちゃくちゃレアなやつ。
今まで一度もかけたことのないやつとかですね。
そういうのを目論見ましたけれども、そうすると粒が、あんまりそろわないので(笑)
10年前から15年前くらいで、久しぶりにお聴きいただくもの、それからサンソンでも一度もかけたことのないような、そういうようなものを、互い違いにですね(笑)お届けしたいと思います。

というわけで日曜の午後のひと時、本日もすてきなオールディーズソングでお楽しみをいただきます。
今日は、あまい、あまーいスイートソウルで棚からひとつかみ
本日も最高の選曲と最高の音質でお届けをいたします。

その前に、この季節になると、たくさんリクエストをいただきます。
「世界の果てまで」
私の1995年のシングル
冬の気配が近づいてくるこの季節になりますと、たくさんたくさん頂きます。
今日はライブバージョンでお聴きいただきます。
2014年10月10日、名古屋のボトムラインでのライブ・レコーディング
この2014年マニアック・ツアーで1回演奏したきりなので。
またチャンスがあれば、ライブでやってみたいと思います。

世界の果てまで (LIVE) / 山下達郎 14/10/10 名古屋ボトムライン

 

コンチネンタル・フォーはニュージャージー出身だが、フィラデルフィアのローカル・レーベルのジェイウォーキングから作品を出していて、アルバムが一枚残っている。
レコーディングはシグマ・サウンドでボビー・マーティンのプロデュース。
MFSBのメンバーなので、フィラデルフィア・インターナショナルと変わらない。
1971年にシングルカットされた全米19位の「DAY BY DAY (EVERYTIME OF THE HOUR)」。
10年ぶりくらいのオンエアになる。
DAY BY DAY (EVERYTIME OF THE HOUR) / THE CONTINENTAL IV 


フィラデルフィアの隣のニュージャージー。
ニュージャージーといえば私が死ぬほど好きなジョージ・カー。
彼の作曲、プロデュースによるホワットノーツの「I WASN'T THERE」は1973年の作品。
この番組ではホワットノーツをかけまくったていたはずだけれど、この曲は今まで一度もかけたことがない。
I WASN'T THERE / WHATNAUTS


次の曲も1973年。
歌っているのはザ・ディファレント・シェーズ・オブ・ブラウン。
タムラ・レーベルとモータウン・レーベルで1枚ずつシングルを出している。
以前にも13年前にも一度かけているが、ザ・ディファレント・シェーズ・オブ・ブラウンはアルバム一枚分のレコーディングがあり、2006年にインディーズからCD-Rが出た。
モータウンは会社が大きいのでなかなか出してもらえず悲運のグループだが、歌唱力はある。
1973年にシングル・カットされた「WHEN THE HURT IS PUT BACK ON YOU」。
WHEN THE HURT IS PUT BACK ON YOU / THE DIFFERENT SHADES OF BROWN 


先週の放送でかけたテディ・ペンダーグラスに反響があったので今週も。
先週と同じく1981年の『IT'S TIME FOR LOVE』から全米ソウル・チャート4位の「YOU'RE MY LATEST, MY GREATEST INSPIRATION」。
ちなみに日本ではこの『IT'S TIME FOR LOVE』は数百枚しか売れなかった。
YOU'RE MY LATEST, MY GREATEST INSPIRATION / TEDDY PENDERGRASS


続いてはUKソウル。チョーズン・フュー。
同名のグループがたくさんあるが、ジャマイカ出身の黒人ヴォーカル・グループだと思われる。
1976年のUKポリドールからのシングル「I CAN MAKE YOUR DREAMS COME TRUE」。
アレンジはキース・ロバーツ。
スコット・ウォーカー特集でもかけたが何でもやっていて、このチョーズン・フューもやっている。
I CAN MAKE YOUR DREAMS COME TRUE / CHOSEN FEW


お次のガスライトはデトロイトのヴォーカル・グループ。
オリバー・チータムが在籍していたことで知られている。
1973年のシングルで「I'M GONNA GET YOU」。
I'M GONNA GET YOU / THE GASLIGHT 


今日の最後は、私の曲でわりとスイートソウル・テイストのやつ。
群青の炎 / 山下達郎 

 

<了>

 

このほかの「サンデー・ソングブック」関連記事はこちら