おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

Judas Priest「イン・ジ・イースト(UNLEASHED IN EAST)」これが彼らの出世作になった

日本で収録されたハードロック/ヘビーメタルのライヴアルバムとしては、Deep Purple「LIVE IN JAPAN」と並ぶ傑作中の傑作。

録音は1979年2月 東京厚生年金会館と中野サンプラザ

当時のJudas Priestは、スタジオアルバム5枚をリリースしていたものの、ブレイクには遠い状態。

2度目の来日公演の際、日本側の提案でライブ・アルバムの録音が決定。『イン・ジ・イースト』として発表され、その完成度の高さから後に海外でも『UNLEASHED IN EAST』としてリリースされた。

公演の際は、ロブ・ハルフォードの声の調子が悪かったため、アルバムではヴォーカルは差し替えられたが、その圧倒的なパフォーマンスはアメリカでも評価され、彼らとしては初の全米100位入り、そしてプラチナム・アルバムつまり売上100万枚認定となった。

このアルバムをきっかけにブレイクしたわけである。

イン・ジ・イースト

イン・ジ・イースト

  • アーティスト: ジューダス・プリースト
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2012/02/15
  • メディア: CD

1. Exciter,
2. Running Wild,
3. Sinner,
4. The Ripper,
5. The Green Manalishi (With the Two-Pronged Crown),
6. Diamonds and Rust,
7. Victim of Changes,
8. Genocide,
9. Tyrant,
10. Rock Forever,
11. Delivering the Goods,
12. Hell Bent for Leather,
13. Starbreaker

当時のメンバーは
Rob Halford - Lead Vocals
K.K. Downing - Lead Guitars
Glen Tipton - Lead Guitars
Ian Hill - Bass
Less Binks - Drums

それから約40年。紆余曲折を経て、上記のうち3名は今も現役だが、グレン・ティプトンは10年前よりパーキンソン病を患っているため、現在ツアーには体調のよいときのみ参加している状態。

2018年11月の来日ツアーでは東京のステージに登場。観衆を喜ばせ涙させたという。

彼らの2018年のアルバム「Firepower」は、ファンからもメディアからも非常に高い評価を受けている。衰えを知らない、とはまさに彼らのことだ。

ファイアーパワー(通常盤)

ファイアーパワー(通常盤)

  • アーティスト: ジューダス・プリースト
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2018/03/07
  • メディア: CD

 

#この項おわり