おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

西城秀樹さんがカバーしたイグレシアス親子の曲

 

親子ともに歌手というケースは特別珍しくはないけれど、親子ともにヒットメーカーとして成功を収めている人は限られる。

日本でいうと森山良子さんと、森山直太朗さん。
音楽性も近く、DNAを継いでいる印象がある。

f:id:bakoji:20190630165330j:plainf:id:bakoji:20190630165445j:plain

 

森進一さん&森昌子さんと、ワンオクのTAKA。
音楽のジャンルはまったく違うけれど、ノドの強さは親譲りかと思える。

f:id:bakoji:20190630165614j:plain  f:id:bakoji:20190630165732j:plain

 

そして何といっても、藤圭子さんと宇多田ヒカルさん。
音楽性もキャラも違いすぎて、親子と言われてもピンとこない感じもする。

f:id:bakoji:20190630165848j:plain

宇多田ヒカルさんがデビューしてからも、藤圭子さんはメディアに出ることはほとんどなかったから、なおさらそうした印象が強いのだろう。

スポンサーリンク

 

 

海外での筆頭は、この親子だろう。

フリオ・イグレシアスとエンリケ・イグレシアス。

f:id:bakoji:20190630170039j:plain

1980年代のフリオの成功はまさに破格で、Wikiには「3億枚を超えるレコード・セールスを記録し、ギネスブックに載り「史上最も多くのレコードを売ったアーティスト」の称号を持つ」とある。

長男のフリオ・イグレシアス・ジュニアも歌手なのだが、成功の度合いでいえば、アメリカでプラチナアルバムを何枚も出している次男のエンリケの方が上だ。


このフリオ、エンリケ親子それぞれの曲を西城秀樹さんがカバーしていることは、ファン以外には、あまり知られていないと思う。

秀樹さんが1999年にリリースした80曲目のシングル「Bailamos-Tonight we dance」は、エンリケ・イグレシアスが同年にリリースした作品のカバーだ。
この曲はBillboard全米1位を記録しており、エンリケの代表曲の一つである。

 

これにさかのぼること11年前。
1988年リリースの62曲目のシングル「33才」はフリオ・イグレシアスのカバーである。

オリジナルのリリースは1978年なので、かなり時間が空いている。
「自分が33歳になったら必ずこの曲を歌いたい」―その秀樹さんの意志を受けてのことだという。

しかし大人の歌だなあ、と改めて感心する。

33歳というと、今の嵐より年下なのだ。

比べるなと言われるかもしれないけど、秀樹さんに限らず野口五郎さんも郷ひろみさんも、アイドルからキャリアを重ねつつ成熟した大人の歌手になった。
近年のアイドル歌手は、その壁を超えられてないような気がする。
もちろん、俳優とか司会とか、歌手以外にもめざす道はあるとは思うけれど。

スポンサーリンク

 

 

話は少し逸れるが、年齢をタイトルにした歌は邦楽でも洋楽でも、10代が多いようだ。

KISSの「Christine Sixteen」とか、南沙織・森高千里の「17歳」とか。

その中で異例なのが、ビートルズの「When I'm Sixty Four(64歳になったら)」。

秀樹さんが、もし64歳まで現役の歌手であったなら、この曲をカバーしていたんじゃないかと勝手に思っている。

ちょっとユーモラスなこの歌を、はにかむように微笑みながら。

 

<了>


スポンサーリンク