おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】テナーの名手がアメリカの国民的女性詩人に捧ぐ The Gospel According to Nikki Giovanni / Javon Jackson (2022)

ザ・ゴスペル・アコーディング・トゥ・ニッキ・ジョヴァンニ / ジャヴォン・ジャクソン

The Gospel According To Nikki Giovanni

The Gospel According To Nikki Giovanni

Amazon

 

このアルバムを評すことができるほど、私はニッキ・ジョヴァンニに通じているわけではないのだが、日本語のインフォやレヴューがほとんど見当たらないので、せめてこのブログでという思いで書いておく。

 

まず、ジャヴォン・ジャクソンの名は、ジャズファンにはいまさら説明するまでもないだろう。

かのジャズ・メッセンジャーズの一員として活躍し、リーダーアルバムはすでに20枚以上を数えるベテランテナー。

その骨太で包容力のある演奏には定評がある。

 

そのジャヴォンがゴスペルを採り上げ、アメリカで最も著名な女性詩人であり社会活動家でもあるニッキ・ジョヴァンニに捧げたのが、このアルバム。

大学の教員も務めるジャヴォンがニッキを大学に招き、講演会を催したことがきっかけで、このアルバムが企画されたらしい。

 

演奏は荘厳で慈愛に満ちている。

その演奏の上に、ニッキの作品の朗読が重なる。

そしてなんと、ニッキは1曲だけだが、感動的なヴォーカルを聞かせている。
1964年に、彼女の友人だった故ニーナ・シモンがカバーした「ナイト・ソング」だ。

ここでのジャヴォンのサックスは、哀愁に満ちながらも、力強くポジティブだ。

 

決して大衆的だとは言えない作品だが、ジャズチャート上位に入っている。

このようなアルバムが支持されることに、アメリカの音楽文化の懐の深さを感じる。

 


<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら