おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


Will Downing / Song Garden (2021)

 

The Song Garden

The Song Garden

Amazon

 

ウィル・ダウニングは1963年生まれ。

ニューヨーク・ブルックリン出身のシンガー・ソングライター/プロデューサー。

日本での人気、知名度は決して高いとは言えないが、1988年のデビューからもう30年以上、コンテンポラリー・ジャズ、R&Bの分野でコンスタントに活躍をしている。

特にバリトン・クルーナーとして、屈指の存在だ。

 

2021年リリースのアルバム『Song Garden』は、オトナ感満載のスムーズでメロウな音世界を展開。

全7曲、約30分とコンパクトな内容ながら、実に味わい深い歌と演奏を聞かせる。

ロバート・グラスパーのバンドなどで活躍し、現代ジャズの最先端と目されるベーシスト、デリック・ホッジ(Derrick Hodge)の参加も見逃せない。

音はアダルトだが、昨今の社会情勢を鑑みてか政治色の強い作品も多く、下に貼り付けた「Stand Up」などは、歌詞もMVの内容も重いメッセージを放っている。

 

私が2021年に、最もよく聴いたアルバムの一枚だ。

 


<了>