おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也



View With A Room / Julian Lage (2022)

ビュー・ウィズ・ア・ルーム / ジュリアン・ラージ

View With A Room

View With A Room

Amazon

ビル・フリゼールも参加した2022年屈指のジャズギターアルバム

ブルーノート移籍第一弾となった前作『Squint』(2021)で、ジャズをベースにしながらも、アメリカーナ色の濃いスタンスを示した、現代最高峰のジャズギタリスト、ジュリアン・ラージ。

本作も前作同様、ホルヘ・ローダー(ベース)、デイヴ・キング(ドラムス)のトリオ編成での作品である。

オリジナル10曲のうち、なんと7曲にジャズギターの重鎮ビル・フリゼールが参加。
事実上、カルテット編成での演奏だ。

かねてデュオなどで共演した経験のある二人だが、ここでの主役はもちろんジュリアン・ラージ。

ビル・フリゼールはあくまで脇を固めるポジションではあるものの、オーケストレーション的な音空間の演出において、彼のギターが果たす役割は、やはり大きい。

ビルと、手堅いリズム隊に支えられ煽られつつ奏でるジュリアンのフレーズは、どれもアイディアが豊かで独創的で、ニュアンスの陰影が深い。

2022年屈指のジャズギターアルバムと言えそうだ。

 

1. Tributary
2. Word for Word
3. Auditorium
4. Heart Is a Drum
5. Echo
6. Chavez
7. Temple Steps
8. Castle Park
9. Let Every Room Sing
10. Fairbanks

 

<了>

このほかのジャズギターアルバム紹介記事はこちら

JAZZ GUITAR カテゴリーの記事一覧 - おとのほそみち