おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】ヴィブラフォンの第一人者が描く音絵巻 The Parable Of The Poet / Joel Ross (2022)

ザ・パラブル・オブ・ザ・ポエット / ジョエル・ロス

The Parable Of The Poet

The Parable Of The Poet

Amazon

 

当代随一のヴィブラフォン奏者ジョエル・ロスのブルーノートからの3作目。

新進気鋭の若手アーティストを集め、8人編成によるレコーディングだ。

7つの楽章からなる組曲形式になっていて、歌のない歌劇というか、ちょっとカーラ・ブレイを思わせる感じもある。

「メロディと即興の間の境界線を曖昧にすること」が演奏のコンセプトだそうで、その言葉通りだと、観念的で難解そうに思えるが、実は結構メロディアスで情緒的なフレーズがいっぱい出てくる。

今までの彼の作品よりも、むしろ親しみやすい感じさえある。

若手中心のメンバーの演奏からも存分に才気が感じられ、特にソロアルバムが高評価を得たサックスのイマニュエル・ウィルキンスが、ここでも良い仕事をしている。

 


Joel Ross - Vibraphone
Immanuel Wilkins - Alto Saxophone
Marquis Hill - Trumpet
Maria Grand – Tenor Saxophone
Kalia Vandever - Trombone
Sean Mason - Piano
Rick Rosato - Bass
Craig Weinrib - Drums

 

<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら