おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


エド・シーランの新曲のMVのエンディングで"Shape of you"を歌っているのは、日本人女性歌手MARINAさんだった!

10月29日公開のエド・シーランの新曲MV "Overpass Graffiti"

ロードムービーのような仕立てになっていて、エド・シーランが著名なアーティストとしてではなく、一人の個人として、バスやバイクやヒッチハイクやらで、旅を続けていくというストーリー。

 


最後に何故か、日本人の関取が乗ったバスに出会い、エドは日本語で会話してバスに乗り込み、また次の旅路に向かう。

そのバスを俯瞰で追いながら、エンディングを迎えるのだが、そこで流れているのは"Shape of you"。

歌っているのは、エド本人ではなく、女性による日本語でのカヴァー。

えっ、誰これ?

同じ疑問を抱いた人はたくさんいるようで、例えば私がフォローしている音楽・映画ジャーナリストの中村明美さんがツイッターで声を上げたら、流石にネット社会、すぐに指摘するリプがあった。

 

このツイートでMARINAさんだと知った。

 

実はご本人にとっても、大変な驚きだったようだ。

 

MARINAさんのオフィシャルサイトのプロフィールによれば、2016年にダンスヴォーカルグループとしてデビューし、メジャーからのCDリリースを果たす。

2020年2月にグループの活動は休止。

それからはソロとして活動してらっしゃるらしい。

f:id:bakoji:20211030112309j:plain

(写真はご本人のInstagramより)

 

"Shape of you"の日本語カヴァーは「まりなずちゅーぶ」というご本人のYou Tubeチャンネルにアップされていたもの。


歌詞は愛らしくて、ちょっとシニカルでユニークだし、ビートメイクもオリジナルのようで、音像がシャープでキレがいい。

もちろん、歌も言葉の輪郭がはっきりしていて、抑制が聞いた歌いまわしながら、味わい深い。

つまりは完成度は高い。

しかし、それがエド・シーランの耳に留まるとは。

オフィシャルのMVに採用されるとは.......

 

ただただ、すごい。

 

これは、MARINAさんが大きく活動の幅を拡げられるきっかけになるのではないか。

直近では、11/16に浅草花劇場ホールでワンマンライヴが予定されているそうです。