おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

山下達郎サンデーソングブック 2020年1月5日「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」

 

かつて大瀧詠一さんを迎えて行われていた「新春放談」が、このたび宮治淳一さんをゲストに復活!

その一部を書き起こしておきます。

1. ORANGE BLOSSOM SPECIAL / THE SPOTNICKS '62
2. SUAVECITO / MALO '72
3. NEVER LET HIM GO / JODY MILLER '65
4. SUSPICIONS / BETTYE LAVETTE "TELL ME A LIE" '82
5. I DON'T WANNA GO / THE MOMENTS "WITH YOU" '76
6. YOU DON'T NEED A GYPSY / ROBERT JOHN '72
7. EVER SINCE YOU'RE GONE / BRINSLEY SCHWARZ '73

---------------------------------------------------------------------

みなさん新年あけましておめでとうございます。山下達郎です。
サンデーソングブック、2020年がスタートいたします。
今年も何卒よろしくお願い申し上げます。
旧年中は、いろいろお世話になりました。
今年も、いろいろとがんばって番組、続けていきたいと思います。
私のサンデーソングブック、28年目を迎えております。
そのうちの20年近く「新春放談」という形で大瀧詠一さんとお正月番組を展開してまいりました。
久しぶりに「新春放談」復活することになりました。
昨年の7月に、私、風邪をひいたときにピンチヒッターお願いしました宮治淳一さん。
ワーナーのストラテジック、オールディーズ関係のコンピレーションをたくさん出してる方ですけれども。
今回また『Warner Pop Rock Nuggets』Vol.11、12が12月4日に発売になりまして。
そのお話を今週はまず中心に据えまして、今週来週2週間。
久しぶりに、9年ぶりの「新春放談」でございます。
宮治淳一さんお迎えしまして、昔と同じようにですね、カルトなオタクな話をですね、展開してまいりたいと思います。
サンデーソングブック恒例、新春第一弾に「新春放談」9年ぶりに再開いたします。
どうぞご期待ください。
で、珍しいことにですね、昔の新春放談は12月に収録だったんですけれど、今回は直前の収録でございます。
意外とリアルタイム、なにがリアルタイムかわかりませんが(笑)
そういう形で、いろいろとお話しをしていきたいと思います。
新春、第一弾、サンデーソングブック。
日曜日の午後のひととき、今日は、すごくカルトなオールディーズの話でお楽しみいただきたいと思います。

 

■「新春放談」再開について
達:あけましておめでとうございます。
宮:あけましておめでとうございます。
でも、ほんとに新春ですから、なかなかいいですね(笑)
達:めずらしいパターンで。年が明けてから録っているという。
宮:そうそうそう。
達:直前で録っている。
宮:だから「今年」って言えるんですよね。年末、どうしても「今年」っていうと。
達:そうなんですよ。テレビのバラエティみたいになっちゃうんですよ。
宮:そうそう。
達:なんか、しらじらしくね。振袖なんか着てね。正月のふりをしろという(笑)
しかし、おもしろいもので、9年ぶりの「新春放談」なんです。
宮:結構、休んでましたね。
達:休んでました。2011年の正月の大瀧さんとが最後なんです。
それまでおよそ27年やってたんですけどね。83年からやりましたから。
宮:なんか、いろんなところに間借りしながらやってたって。
達:84、85、86とNHKで。
そのあと、佐野くんとこ行ったり、萩原くんとこ行ったりして。
それで93年の正月にサンデーソングブックになって、そこからずっと。
宮:すごいですね。いろんなところに行きながら、ずーっと続けて。
達:大瀧さんがパブリックな場に登場するのは、ほんとにそれだけだったので。
宮:ですよね、考えてみれば。
達:1年経って、まだ生きてるって。
宮:まさに生存確認番組ですね。
達:ほんとに。
大瀧さんが亡くなってから、もうそういうことはないと思ったんだけど、おかげさまで去年の夏にですね、風邪ひいて休んだときにピンチヒッターやっていただきましてですね。
その後の2週間『Pop Rock Nuggets』の特集をしたおかげで、それがご好評をいただきまして、リスナーの方に。
宮:ありがたい話でございます。
達:じゃぁ、宮治さんだったら「新春放談」もできるんじゃないかと。
宮:けっこうマニアックな話になっちゃいますけどね。
達:関係ないですよ。
大瀧さんのときなんて55分で4曲くらいしかかかりませんでしたからね。
成瀬巳喜男とか、そんな話ばっかりでしたから。
彼の1年の基調報告、それよりはもうちょっとですね。
宮:それよりかは(笑)
達:宮治さんは、ラジオ日本で今レギュラーやってらっしゃって。日曜日の夕方なんですよね。
宮:そうです。
達:だから日曜日はゴールデン・オールディーズ・タイムと言われて。
宮:ですか。ありがたいですね。
達:今、ネットで聴けるから。
全国の人がね、宮治さんが聴いたあの曲を、こっちでもかけてくれって。
ばかやろう、向こうで聴け、みたいなね(笑)
宮:そんなのあるんですか?
達:ありますよ。ハガキ、来ますよ。
宮:すごいですね。ラジコ様様ですね。
達:若い人が増えて。
宮:わかります。確かにそうです。
達:だいたい宮治くんの番組と僕んとことピーター・バラカンさんの番組と。
宮:日曜日です、全部。
達:それにクリス松村さんがいて。それがまた結構濃いいのやってるから。AORの帝王ですからね。
なかなか充実した日本のラジオ文化となったもんです。
宮:2時のサンデーソングブックを皮切りに、日曜日は皆さんからラジオが手放せない(笑)


■アメリカでシングル買い集め
達:TOP40のシングルを全部。
宮:アメリカからね。
達:取り寄せてたんですね。
ちょうどディスコメイトレコードに就職したころでしょ?
宮:4月からやっと定期的に給料をもらえるようになってですね。
今までの貧困な生活から、ちょっとこう、レコード指数が上がったときで(笑)
で、シングルって当時日本で売ってないんですよ。アメリカ盤のシングルって。
タワー(レコード)が3年後くらいにできて、やっとなんか小さいコーナーができたくらいで。
なので、やっぱその前の年にアメリカに初めて行って、シングル盤いっぱい買ってきたんですよ。
そしたら、やっぱり音圧が違うっていうか。
そのとき200円くらいで買えたんですよ。
達:78年がドルが180円くらいですから。円高でね。
宮:だから1ドルちょっとのものを買っても200円くらいなんです。
日本で、その当時700円くらいしてたんですよ。
達:そうですね。
宮:なんだよ、ということで、これからは就職したら、40位に入ったものは全部買おうと。

■カッティングについて
達:日本盤も買ってたわけでしょ?シングル盤。
宮:日本でしか出てないやつはね。だけど、やっぱり音圧が違うので。
達:カッティングがぜんぜん違うんですよ。
宮:カッティングの問題なんですね。
達:カッティングです。マスターは同じだけど。
昔のエンジニアの人に聞いたことがあるんですよ。
歌謡曲がとにかく全然音圧がないじゃないですか。
内沼映二さんっていう、あの方、麻丘めぐみやってらして「芽ばえ」ってあるんですけど。あれ一応フィル・スペクターもんで♪ドン・ドドン・パ♪って始まるんですけども♪トン・トトン・ピン♪なんですよ(笑)
なんでこんなに音がしょぼいって、昔はリミッターがなかったんですって。リミッターをマスターにかける発想がなかった。
宮:あの当時ですら、まだないんですか?
達:トータルコンプという発想が、絶対に許されないんですって。
宮:許されない?
達:原音に忠実っていうね。
宮:あら。
達:で、カッティング技術がまだ確立してないんで、深く切るっていうことができなかったんだって。
いろいろなこと、内沼さん、おっしゃってらして。
ぼく、ほらRCAだったから、そういう話、たくさん教えてもらったんですね。


■アナログブームについて 
達:今またアナログがね、ブームなんですって。
宮:らしいっすねぇ。
そうとう出てますよね。こんな人まで出すの、みたいなね(笑)悪いけど。
達:はは(笑)
なんかね、僕がね、CDになった時に、CDの悪口をさんざん言ったら、やれガラパゴスだのシーラカンスだの、さんざん言われて。
宮:(笑)
達:今さらアナログだって。
宮:どうしたんですかね、急にね。
達:世界的な傾向でしょ。ファッションですよ。どうせ。
宮:半分以上はそれですよね。でも実際に悪くはないでしょ、音は。
達:いやぁ。
僕、2010年以後、やっぱ向こうでアナログ結構、120グラムとかありとあらゆるもの買いましたけど、オリジナルバージョン超えてるもの、1枚もないですよ。
宮:今の180グラム買うくらいだったら、コンディションのいいオリジナルを。
達:オリジナルがいい。マスターが劣化してるんで、どうしようもない。マスターをアナデジした段階で、もうハイ落ちしてるんで。
それを結局、要するにEQかけたり、コンプかけたりしてステロイド状態なわけね。
僕のシュガーベイブの『SONGS』は90年代の頭くらいに大瀧さんが全部アナデジしていてくれたので、まだ劣化がそんなに悪くない状態で。
宮:テープが、まだへたってない状態で。
達:へたってない状態でベストコンディションでアナデジにトランスファーしてくれたんで、今でもハイクオリティ。所詮はすべてマスターなんで。
だからCDって80年代はほんとに音が悪いんだけど、でも、アナログマスターはまだ全然劣化してない時代なんで。
それを今、リマスターしたほうが。CDだって立派なアーカイブなんでね。
そっちの方がね、2018年リマスターとかいうよりもぜんぜんいいですよ。
宮:マスターとして使えるっていうことですね。
達:使えます。
宮:へんなEQやってない。
達:マイナス14デシのヘッドマージンが低いんだけど、マスター自体は悪くないんで。
宮:ははあ。
達:そういうことをね、だれも論争しないし、考えもしないで、やれアナログだ、アナログだ、アナログはCDと違うとか。
ほとんどのシェアはもうスマホで聴いてるんですからね。
宮:はは(笑)そうですよね。
達:だから、おかしいですよ。
こういうこと言うと、またいろいろ言われるんですよね。
宮:はは(笑)

 ---------------------------------------------------------------------------

番組中にも話が出ていたが、スプートニクスのボー・ウィンベルグが番組放送の数日前に他界。

1曲目に スプートニクス「ORANGE BLOSSOM SPECIAL 」をオンエアし、いい供養ができたとのこと。


The Spotnicks - Orange blossom special (1961)

 

『Warner Pop Rock Nuggets』シリーズについてはこちら

wmg.jp

 <この項おわり>