おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


大木エンジニアリングという不思議なピアニストの話


近ごろ、構内にグランドピアノを置く駅が、少しずつ増えているらしい。

誰でも自由に弾いていい、いわゆる「ストリートピアノ」である。

いまのところ九州に多いらしく、佐賀のJR小城駅、JR新鳥栖駅、福岡のJR筑前前原駅などにあるとのこと。

つい先ごろの9月11日には、北九州市のJR黒崎駅にも置かれたそうで、JR九州の駅では、これが7箇所目だそうだ。


その他で有名なのはJR浜松駅。

浜松といえば、ヤマハや河合など大手楽器メーカーが所在するところ。なるほど、ピアノがあっても不思議ではない。

f:id:bakoji:20190912155041j:plain

 

ネットでの情報によれば、ヤマハや河合が交互に提供しているそうだ(上の写真は河合楽器のウェブサイトより)。

 

この浜松駅のピアノを“弾き逃げ”している男性がいる。

ふらっと現れては、1曲弾いて、さっと立ち去る。

ゆえに“弾き逃げ”。

男性はこの演奏を録画してYouTubeにアップしている。

つまりYouTuberでもあるのだ。

 

名前は大木エンジニアリング、というピアニストらしらからぬ名前。

30代の会社員だそうだ。



いや、しかし、相当にうまい。

この人、なんとピアノを習ったことがなく、楽譜も読めないそうで、耳コピ&オリジナルアレンジ専門とのこと。

これだけ魅力的な演奏なら、注目されるのも当然。

上に貼った、「千と千尋の神隠し」の劇中曲「あの夏へ」を弾いた動画は、再生回数200万回を越えている。

チャンネル登録者数も7万以上だ。

いくつか貼り付けておくけれど、これ以外にも相当あるので、興味のある人は、チャンネルを確認して欲しい。



 なお、大木氏は浜松駅以外でも“弾き逃げ”しているそうだ。

いつかその場面に出会いたいものだと思う。

 

<了>