おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


アリアナ・グランデやレディ・ガガに曲提供してきたソングライターが満を持してのソロデビュー Don't Say I Didn't Warn You / Nija (2022)

 

 

Nija Charles(ニヤ・チャールズ)は、アメリカのポップス業界で、近年活躍が著しいソングライター、レコードプロデューサー。

1997年生まれで、まだ24歳という若さなのだけれど、2017年にクリス・ブラウンらに曲を提供して以来、ビヨンセ、ジェイ・Z、カーディ・B、SZA、ケラーニ、レディー・ガガ、アリアナ・グランデ、ジェイソン・デルーロら、トップクラスの人気を誇るアーティストらに作品を提供。

グラミーも3回受賞している。

最もよく知られているのは
アリアナ・グランデ「ポジションズ」
レディ・ガガ&アリアナ・グランデ「レイン・オン・ミー」あたりだろうか。
どちらも全米ナンバーワンのヒットである。

 


 

そのNija (ニヤ)が、満を持してソロアルバムをリリースした。
それが「Don't Say I Didn't Warn You」

曲がいいのはもちろんだが、歌いっぷりも堂々としており、お見事。

こういう人が次々と頭角を現してくるのだから、やはりアメリカの音楽制作の裾野は広く、層は厚い。

 


<了>