おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


松本隆とKinKi Kids

f:id:bakoji:20211202175706j:plain

 

松本隆氏が作家活動50周年を迎えたことをきっかけに、再注目・再評価の気運が高まり、トリビュートアルバムや関連書籍のリリースが相次いでいる。

 

風街とデラシネ〜作詞家・松本隆の50年 (特典なし)

風街とデラシネ〜作詞家・松本隆の50年 (特典なし)

  • アーティスト:松本隆
  • ソニー・ミュージックダイレクト
Amazon

 

なかでも「風街とデラシネ」は、書籍とCDの連動企画という面白い試みだ。


松本氏の功績をいまさらここで語るまでもない。
これらの書籍に、見事に示されている。

もし私が氏の作品から一つ選べと言われれば、松田聖子の諸作品などと迷いながらも、KinKi Kidsの「硝子の少年」を選ぶ。

上記の書籍にも記されているが、ジャニーズ事務所からの「ミリオン(100万枚)が最低条件」というプレッシャーの中で書き上げ、ミリオンどころか約180万枚という大ヒットを生んだ。

山下達郎氏による作・編曲も素晴らしく、ジャニーズ史上、さらには日本のポップス史に残る名作だと思える。

 

詞自体も素晴らしいが、「硝子の少年」というタイトルと世界観が、KinKi Kidsのキャタラクターを決定づけたことに大きな意味がある。

近年、男性アイドルの歳のとり方、キャリアの重ね方が、たびたび話題となり、ジャニーズタレントの中にも、アイドルからの脱皮、方向転換を図る人が少なくない。

しかし、KinKi Kidsの二人は40代を迎えながらも、未だに強く少年性を感じさせている。

松本氏はKinKi Kidsに会ったとき「壊れやすそうだけど、したたかそう」と感じ、「硝子」というキーワードがひらめいたという。

「壊れやすそうだけど、したたかそう」、これはいま現在のKinKi Kidsにも当てはまる。

だから彼らはいまも少年性をたたえ続けているのだ。

 

下記の動画は「硝子の少年」のアコースティックヴァージョン、2017年のMステ特番で放映されたものらしい。

 

 

※冒頭の写真は『NHK MUSIC SPECIAL 松本隆 50年』出演時のもの

 

<了>