おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

忌野清志郎の1992年のライヴ・アルバム『HAVE MERCY!』が素晴らしすぎる!

 

5月2日は、忌野清志郎の命日である。

亡くなったのは2009年。

享年58。

もう10年以上になるというのが、うそのようだ。


清志郎の名演、名作は多々あるが、私が最も好きでいちばん良く聞いてきたのが、1992年6月にリリースされたライヴ・アルバム『HAVE MERCY!』だ。

 

同年3月にリリースしたセカンドソロアルバム『Memphis』は、そのタイトル通りテネシー州メンフィスで録音が行われた。

メンフィスといえば言うまでもなくリズム&ブルースの聖地であり、かのスタックス・レコードが本拠を置いたことで知られる。

R&Bをこよなく愛し、自らのルーツとした清志郎にとって、非常に意義深い作品である。

演奏を努めたのは、スタックス・レコード専属のスタジオ・バンドとして多くの名演を支えたBOOKER.T&The MG'S。

ギターのスティーヴ・クロッパーが、『Memphis』のプロデュースを担当した。

 

そして、このBOOKER.T&The MG'Sを引き連れて、清志郎は全国ツアーを実施。

計9本のライヴが行われたなかで、4月18日、日本武道館での模様をレコーディングしたのが、『HAVE MERCY!』だ。

キーボードは、ブッカー・T・ジョーンズ!
ギターは、スティーヴ・クロッパー!
ベースは、ドナルド・ダック・ダン!

とソウルファンには涙が出そうな顔ぶれ。

ドラムのアントン・フィグも凄腕で、KISSのアルバムでピーター・クリスの影武者を努めたこともあるという、ちょっと変わった経歴の持ち主だ。

3管のホーン隊も、音が分厚く、かつキレがよい。

 

『HAVE MERCY!』には「つ・き・あ・い・た・い」「トランジスタ・ラジオ」など、RC時代の代表曲も収められているが、聞きものはメンフィスソウルの名曲たちだ。

ウィルソン・ピケットの「IN THE MIDNIGHT HOUR」
サム・クック「SHAKE」
オーティス・レディング「(SITTIN' ON) THE DOCK OF THE BAY」

というラスト3連発は圧巻。

清志郎が素晴らしいロケンロールシンガーであると同時に、日本屈指のR&Bシンガーであることを思い知らされる名演だ。

 

映像もリリースされている。清志郎は実に楽しそうだ。

 

HAVE MERCY

HAVE MERCY

1. GREEN ONIONS
2. HOLD ON,I’M COMIN’|KNOCK ON WOOD|LAST NIGHT
3. BOYS
4. カモナ・ベイビー
5. 雪どけ
6. ママ・プリーズ・カムバック
7. LIKE A DREAM
8. ペテン師
9. 彼女の笑顔
10. つ・き・あ・い・た・い
11. トランジスタ・ラジオ
12. MTN
13. からすの赤ちゃん
14. IN THE MIDNIGHT HOUR
15. SHAKE
16. (SITTIN’ ON) THE DOCK OF THE BAY

 

 下記のDVDは14曲収録で、CDよりも少ないのが、ちょっと残念。

HAVE MERCY! [DVD]

HAVE MERCY! [DVD]

  • 発売日: 2005/09/14
  • メディア: DVD

<この項おわり>