おとのほそみち Jazz and Good Music

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】現代のジャズギターの先端を走る一作 Far Star / Gilad Hekselman (2022)

ファー・スター / ギラッド・ヘクセルマン

イスラエル出身でニューヨークを拠点に活動するギタリスト、ギラッド・ヘクセルマンの新作。

テルアビブ、ニューヨーク、フランスにて録音され、ピアノのシャイ・マエストロ、ドラムのエリック・ハーランドらの腕利きを迎えた意欲作。

コロナ禍の時期に溜め込んでいた音源をオーバーダブしながら作りあげたらしい。

ジャズギターの一般的なイメージである端正さや軽妙さとはいささか異なり、ギラッドの出す音はかなりカラフルでスペイシー。

本作では、サウンドデザインの攻め具合が素晴らしい。

抑制と開放。静謐と爆発。浮遊と鎮静。

さまざまな音のレイヤーが重なり、混濁しそうなその一歩手前で、ギラッドをはじめ各プレイヤーが放つ才気の煌めきは圧巻。

決して親しみやすい音ではないので聞く人を選ぶとは思うが、現代のジャズシーンの最先端を行くギタリストであることは、確かだ。

 

Long Way From Home (Feat. Eric Harland) 5.17
Fast Moving Century (Feat. Shai Maestro & Eric Harland) 6.22
I Didn't Know 6.18
Far Star 7.00
Magic Chord (Feat. Eric Harland) 8.29
Cycles 4.40
The Headrocker (Feat. Nomok & Amir Bresler) 3.49
Rebirth (Feat. Ziv Ravitz) 5.22

<了>

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら