おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】ニューヨーク中心に活動する女性だけのビッグバンド 日本人も2名参加 DIVA Swings Broadway / The DIVA Jazz Orchestra (2022)

ディーヴァ・スウィングス・ブロードウェイ / ディーヴァ・ジャズ・オーケストラ

Diva Swings Broadway

Diva Swings Broadway

Amazon

 


ディーヴァ・ジャズ・オーケストラは、その名前の通り女性メンバーだけのビッグバンドで、メンバーは15名。

オフィシャルサイトの紹介文には ”musicians who just happen to be women” と書いてあって、さすがに “偶然にも女性だった”ということはないだろうけれど、性別云々を抜きにして、素晴らしいバンドであることは確か。

DIVAの創始者は、かつてバディ・リッチのマネージャーでありリリーフドラマーだったスタンリー・ケイ(Stanley Kay)。

彼は、DIVAのリーダーでありドラマーのシェリー・マリクル(Sherrie Maricle)に1990年に出会い、その才能を高く評価。

同じレベルの演奏ができる女性ミュージシャンを探すべく、1992年、全米規模のオーディションによって、このバンドの基礎が築かれたという。

だから活動は30年にも及ぶ、歴史あるバンドなのだ。

今回のアルバムは、ブロードウェイミュージカルの古典的な作品をフューチャーしたもの。

もちろんアレンジは今日的なビッグバンドのそれであって、特にコード展開に才気を存分に感じる。

何重にも折り重なった複雑な音のレイヤーから、ソロが飛び出してくる瞬間の高揚感は、やはりイマドキのビッグバンドならでは。

なお、メンバーには、ベースの植田典子さん、ピアノの大野智子さん、二人の日本人が参加している。

ジョージ&アイラ・ガーシュインの「ザ・マン・アイ・ラヴ」のイントロは、その植田さんのベースソロから始まるのだが、いやもう、小粋でカッコいい。

 


<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら