おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也



Common Ground / Robben Ford、Bill Evans (2022)

コモン・グラウンド / ロベン・フォード、ビル・エヴァンス

ロベン・フォードとビル・エヴァンスのコラボ2作目

ギタリストのロベン・フォード(Robben Ford)とサックス奏者のビル・エヴァンス(Bill Evans)の新しいコラボレーション・アルバム。

これは2019年の『The Sun Room』に続く2人のコラボ・アルバム第2弾となる。

ベースは長らくローリング・ストーンズをサポートしているダリル・ジョーンズ、ドラムはスティーリー・ダン等でも活動したキース・カーロックと腕利きが揃った。

ロベン・フォードもビル・エヴァンスも、やろうと思えば何でもやれちゃう人だから、余裕綽々。

ファンキーなジャズ・ロックの「Ever Ready Sunday」から、やや影のあるマイナー・バラードの「The Little Boxer」まで、モダンジャズをベースに、ロック、ファンク、ブルース、それぞれのテイストを織り交ぜつつ、熟練のアンサンブルを聴かせる。

ダリル・ジョーンズとキース・カーロックは、抑制を効かせながらも、ツボを押さえた演奏で、2人の主役をうまく引き立ててている。

歌モノのサポートを数多くやってきた彼等だからこそ、かもしれない。

 


1 Ever Ready Sunday
2 Crabshaw Don't Care
3 Sentimental Mood
4 Hearts of Havana
5 Common Ground
6 Passaic
7 Stanley
8 Dennis Menace
9 The Little Boxer

<了>

このほかのジャズギターアルバム紹介記事はこちら

JAZZ GUITAR カテゴリーの記事一覧 - おとのほそみち