おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】UKジャズシーン期待の女性サックスプレーヤーのデビュー作 The River Doesn't Like Strangers / Chelsea Carmichael (2021)

ザ・リヴァー・ダズント・ライク・ストレンジャーズ / チェルシー・カーマイケル

The River Doesn't Like Strangers

The River Doesn't Like Strangers

  • Virgin Music UK LAS (S&D)
Amazon

 

チェルシー・カーマイケルはマンチェスター出身で、現在ロンドンを拠点に活動するサックス奏者、アレンジャー、作曲家。

テオン・クロス、コートニー・パインらのツアーメンバーでもある彼女の、これがファースト・リーダー・アルバムである。

ダブっぽいトライバルなリズムの上を躍動する彼女の音はかなり多彩で、変幻自在。ダビーでヴァイタル。

カタカナばかりで恐縮だが、ときにエクセントリックでノイジーな音も交わり、なかなかにスリリングだ。

現代UKジャズの最重要人物であるシャバカ・ハッチングスに近い感触があるが、あそこまで外発的ではない。

アルバムタイトルにもなっている「The River Doesn't Like Strangers」は、彼女の父親が故郷を流れる川について語ったことにインスパイアされたそうなので、内省的な作品でもあるのだろう。

ちなみにこの作品は、そのシャバカ・ハッチングスが設立したNative Rebel Recordingsというレーベルからリリースされた。

 


このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら